2015.6.24

おやこ日本舞踊教室

先日「おやこ日本舞踊教室」が開催されました。当日は雨模様でしたが、40名弱の小学生のみなさんが日本舞踊の体験に来てくれました。

最初はご挨拶から、お扇子を扱って、足の運び…最後には踊りのお稽古まで!女の子が多かったですが、男の子も頑張っていました。今の子どもたちにはちょっと古めかしすぎて楽しんでもらえるかなぁと心配していましたが、全くそんな事なく、最後まで笑顔に溢れた2時間でした。教える先生方も、私のような裏方も、小学生のパワーをいただいてとても楽しかったです!

お稽古が終わって記念写真。全員、背筋が伸びてきちんとした佇まいです。

今回浴衣と帯を用意して、参加者に着ていただいたのですが…みなさんが可愛いのです。子どもの浴衣って色とりどりのものが主流で、ピンクや水色のお花柄のイメージですが、お貸ししたものは白地に紺の柄がほとんどでした。おばさんくさいって子どもたちに思われるかしらと思っていたのですが、とんでもない、本当によく似合って可愛かったです。

浴衣はやっぱり古典柄が素敵です!

昔、何かの本で読んだことがあるのですが、紺、水色、グレイなどの色の服を幼い頃に身につけて色彩感覚を磨く、というお話がありました。そう言えば私も子どもの頃はサエグサやファミリアの紺色チェックのワンピースを母が用意してくれました。ベーシックな基本色にピンクや黄色などの可愛らしい色をアレンジすればいくらでもおしゃれになりますものね。これは浴衣にも共通しています。白や紺色の浴衣地に赤い帯を合わせるだけでとてもcute!「うちの子…こんなに可愛くなるのですね!」と浴衣姿のお嬢さんを見たお母様の一言に、私まで嬉しくなりました。