2015.7.3

写真家・細江英公さんにお会いする

こんにちは

百瀬今日子です

 

先日、写真家の細江英公さんにお目にかからせて頂く機会がありました。

日本よりも、もしかしたら海外でのほうが知名度が高いかもしれません。

 

以前このブログでもご紹介した、三島由紀夫氏の「薔薇刑」というお写真を撮られたかた、といえばインパクトだけはお分かりいただけるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

作品のイメージとは真逆といっていいほど、あたたかで、面白さも加味されたお人柄。

しかしシャープに誠実に 強い信念をお持ちで、心打たれる一日となりました。

 

写真家のかたは、お話がお上手というか、気さくというか、あたたかな包容力がおありのかたが多い気がします。

それは相手の魅力を引き出すのがある意味お仕事という要素が多いからかもしれませんが、細江先生のそのあたたかさは、先人として、こうありたいと思わされるほど理想の方でした。