2015.7.6

こどもは授かりもの?預かりもの!

先日、小学校の保護者会でこんなお話がありました。
子供を授かった時から期待と押し付けが始まる。
子供が大きくなるにつれて期待も大きく、もっともっと期待の押し付けが始まる。
母親になると自分が経験した事を押し付ける。自分が出来なかったことを押し付ける。期待と押し付けだらけになる。

そう言われると、私も期待の押し付けを娘にしている。
できない事に腹が立つ。どうしてできないの?と押し付ける。

学校で問題が起きる原因はほぼ、母親とこどもの関係によるものだそうです。
その関係が良好だと、こどもは期待以上の成果をだすそうです。
なるほど、とは思いますが、自分の気持ちがコントロールできない。

イライラしてついついひどい言葉をかけて傷つけてしまいます。

ああ、ダメだ!わたし。

でも、私は1つだけこころに決めていることがあります。
自分が間違っていれば必ず娘に謝ります。
すぐにきちんと理由を言って謝ります。

娘は必ず許してくれます。だからよけに自分は大人なのに言わないで心の中で納めることができない自分が情けなくなります。歳を取ると中々謝れなくなります。一言!言いたくなってします。

そんな時はこどもを預かりものだと思うと良いそうです。神様から預かっていると思うと大切にしますね。

そして、褒めることが大切だそうです。褒められて嫌な人はいないですよね。
でも、褒め過ぎも図に乗るのでバランスが難しいですがね(笑

預かりものだと、大切に扱う!考えて扱う!綺麗に扱う!

娘を神様の預かりものだと思って、考えて綺麗に大切にお預かりします。

神様にお返しするまで。

生後1週間目の預かりもの

松丸弘美(まつまる・ひろみ) 1970年 千葉県市川市生まれ。実家の梨園農園を営む両親の背中を見て育ち、自分でも何かを創くる事を漠然と考えていました。ダナ・キャランの服が大好きで19歳の時にNYまで行き挫折し。20代は香港で仕事中に突然難病と宣言され闘病し奇跡的に回復。その後、アメリカ・オーストラリアへ渡米しBEAUTY を学び。30歳で表参道にShou BEAUTY SalonをOPEN。当時はまだ数少ない『ブラジリアンワックス』を提供し。去年15周年を迎えお客様からの褒め言葉『BEAUTY OTAKU』を頂き。今年の1月20日よりWEBマガジン『mi-millet』のBLOG 公開中!『アンダーヘアの白髪・タルミ』の悩み相談募集中! www.shousalon.com