2015 Jul. 9

大人のTシャツスタイル、
今年はどうする?

Tシャツが好きです。ラクロスに打ち込んだ大学時代から、ずっと好きです。

本来肌着だったアイテムだけに当然カジュアルですが、それをミモレ世代が着るから格好いいと信じています。

ここでご紹介しているのは、この夏、偏愛しそうなTシャツ、1枚タンクトップ。
見事なまでにグレーとネイビー。
右から
レミレリーフ→かなり肉厚のthe Tシャツ。胸元の小さなポケットも可愛く、少しハイウエストのデニムと合わせようかと。

サンドリー→ヨーロッパ出身のサーファーが、アメリカ西海岸で立ち上げたブランド。少し横長、丈短のシルエットが今っぽい。

UNIQLO→襟ぐりの深さやアームホールのあき具合など、本当に理想的な1枚。ミモレ丈スカートと合わせたい。サイズSです。

アッパーハイツ→清潔なネイビーに、きっぱりと白で抜かれたロゴが可愛い。ニューヨークの通り名や街の名前からピックアップ。

アクネスタジオ→Tシャツと言うより、レーヨン混なので、とろみがありカットソーの感覚。それなのに、形がボーイッシュで◎。

とまあ、それぞれに愛着があります!

ミモレ世代にとって、Tシャツは肌着でも、部活の練習着ではなく、第二に肌。

ディテールや素材感で選びたいものです。

大草 直子

  • Tシャツを着るときこそ忘れたくない、自分の香り。私は、少しエキゾティックな、ラルチザンパフュームのTINBTKUT。
  • あと忘れたくないのが、手元コーディネート。時計はIWC、レザーのブレスレットはドゥーズィエムクラス、Tコレクションのハーフオープンバングルに、6年前くらいに買った、ティファニーのノット。シンプルなものは、マルコムベッツです。
Today's pickup

台風の影響か、低気圧の影響を受けている私。少し身体と頭が重いです。沖縄、九州のみなさま、足元お気をつけくださいませ。