みなさま、こんにちは。
先日は京都へ出かけました。
7月といえば祇園祭...
いえいえ。
私が一番に向かった先は毎月季節に応じて蜜(フレーバー)が変わる
ここ「大極殿」へ「琥珀流し」を食べに!
12ヶ月の中で一番好きなのが7月のミント。

口中に広がる爽やかなミント味が癖になります。 一緒についてくるサイダーとの相性もかなりいい!
 

とにかく京都駅から一目散にやってきましたが1時間半以上の順番待ち、
でも、大丈夫。待ち時間は近くの錦市場で佃煮を買ったり生麩を買ったり、主婦の買い物を楽しんでいました。
そして お仕覆作家 昆布尚子さんのアトリエへ、

お気に入りの茶道具を入れるのに、ありものの仕覆では可哀想。
古代布と内側の縮緬、垢抜けた色の紐を合わせたらとっても素敵な自分だけのお仕覆に!(このお仕覆は浩未さんのコーディネートです)
 

それから、
すぐ近所にある古いお道具を扱っている堀内明美さんの「うるわし屋」へも行き、
素敵な茶箱たちに夢が広がり...

 

今回、茶箱は購入しませんでしたが昆虫好きの私にはたまらない物を発見です。

吸物椀を5客。
椀にも蓋にも蝶の絵柄。 (私、綺麗でグロいものが好きです。)

そして夜の食事は嵐山の「松」へ、

 

京都はまさしくオトナの夢の国です。
寺谷真由美でした。