From editors 「編集部からこんにちは」

2015.7.30

自然派レストラン「ナヴァー」
夏の新メニュー!VoL.2

前回はポートランドの文化と自然派レストラン「ナヴァー」(navarre)をご紹介しましたが、今回は「ナヴァー」夏の新メニューお披露目会の様子をレポートします。

 

こちらが来日したオーナシェフ、ジョン・タボーダ氏。ポートランドで愛される“farm to table”スタイルを日本の農家と協力して広めていきたいと、想いを語ってくれました。
参加したプレス関係者の質問にも丁寧に答えていたタボーダ氏。「土地が違えば食材も異なるため、農家まで足を運び食材を吟味するのは当然。それでこそ、旬を味わう「ナヴァー」流ができるのです」その真摯な姿勢が素敵です!

ウェルカムドリンクには、ポートランドの地ビールが2種類。フルーティーな柑橘系と、しっかりした辛口。お料理に合わせてセレクトされたナチュラルワインも豊富で、珍しい微発砲のワインもありました!

 

 新メニューには、野菜をたっぷりと使った色とりどりの夏らしい料理が並びます。

(左)フェタチーズがとってもジューシーなサラダ。(中)エビと玄米のサラダは、その食感の違いがたまりません。ワインにぴったり。(右)夏野菜のオーブン焼きは、素材の味を生かして塩だけで味付けし、少量のバジルとサフランで仕上げています。野菜がこんなに甘いなんて!

とにかく野菜が豊富なメニューばかり! シンプルながら、ハーブや調味料の加減が絶妙で、素材の旨味をそのまま味わうことができました。さすがポートランドの住民を虜にした「ナヴァー」ならでは!

また、今回は京都の農薬・化学肥料不使用の野菜を扱う企業「坂ノ途中」とのコラボメニューも紹介されました。当日参加されていた「坂ノ途中」お野菜ディレクターの柳澤さんは、安心して食べられる食材だけでなく、安全な土壌環境を未来に残したい、という熱い志しを聞かせてくれました。
今だけでなく、未来に繋がる食文化――、もっと広がっていくといいですね。

こちらでご紹介した夏の新メニューはすでに7月から店頭で始まっているそうです。普段はタパス形式(小皿)で注文できるので少しずついろんな種類のお料理を食べることができますよ。(メイン料理Mサイズ580円~)一人でも、大人数でも! 表参道でお買いもの帰りにぜひ寄り道してみてください。

「ナヴァー」の情報はコチラ>>
navarre(ナヴァー)
渋谷区神宮前6-12-20 niko and ... TOKYO 2F
TEL 03-3409-3266
営業時間 11:00~22:00(L.O. 21:00)
明治神宮前駅7番出口より徒歩3分

  • 坂ノ途中
    坂ノ途中soil ヨヨギ garage 〒151-0053 渋谷区代々木5-39-5 tel:03-6322-2338 営業時間:10:00-19:00 店休日:月曜日
    京都で「百年先も続く、農業を。」をコンセプトに環境負荷の小さい農業を支援し、手間ひまかけて丁寧に育てられた野菜などの農産物を販売。全国へ野菜やお米の宅配も行う。京都市近郊なら自社便配送も可能!東京では、代々木公園の近くにショップがあり、新鮮なお野菜や調味料を買うことができます。近くに行った際はぜひ覗いてみてくださいね!
    坂ノ途中
    〒601-8311
    京都市南区吉祥院西ノ庄東屋敷町126
    tel:075-200-9773