2015.7.29

涼しく見える夏のきもの

昨日、無事拙文が新聞掲載されました。お読みくださったみなさま、またお力添えをくださいましたみなさま、本当にありがとうございました。

その記事のプロフィール写真に黒いきものを選びました。実際は織り模様が入った墨黒(黒に近いグレイ)の夏物の紬です。着ていて軽くて楽で、涼し気に見えて良いかも!と思って選んだのですが、なんとまさかの「老けて見える説」(涙)私自身はあまり違和感がなかったのですが、イメージの問題でしょうか。

帯の細かい絵柄が、無地のきものに映えます

このきものには染帯を合わせることが多いです。絽塩瀬の秋草と虫籠の絵柄がささやかな秋を連れてきてくれます。帯締はあえてこっくりした色の錆朱を持ってきて、こちらも秋を意識します。

これが問題の写真!!(笑)

この写真では別の染帯を締めています。単色のきものはまさに帯次第。いろいろ楽しめて着こなしの幅が広がります。夏の一枚をお考えの方、お勧めです!