本日はきもの周りのお話を。

私がきものの用意をするとき最後に選ぶのが帯締です。そして私が大好きなのが「冠組の帯締」。かんむりぐみ、ゆるぎぐみと呼びます。その名の通り武将の兜(冠)の紐に用いられた手法で組まれているので、ある程度の伸縮性があり、締めると結び目がきっちり固定されます。そして解くときはするっと簡単に。きものを着始めて間もない方も楽に扱えるのでとても便利だと思います。冠組は無地のものが多いので、きものと帯の柄にもすっと溶け込んだり、またはアクセントになったり。ほとんどのきものに使える上に季節問わずなので本当に便利!私は付下から浴衣までヘビーユースしています。

いつの間にか集まった淡い色の帯締。パステルカラーが可愛らしいのです♡

いろいろなお店から発売されていると思いますが、私は上野の道明さんonlyです。店頭にずらっと並ぶ帯締…その中でも冠組は約170色(店頭には約150色が並んでいます)!日本古来の色の名前が付けられていて、眺めているだけで幸せな気持ちになります♡

道明さんの店頭で。赤系だけでもこんなに!!

購入を決めると、老舗ならではのクラシカルで上質な箱に入れてくださいます。箱を開けると…きちんと紅白の糸で結ばれたその佇まいがとても素敵!私はお遣い物にすることも多いのですが、相手の方にも必ず喜んでいただけるのです。

箱に入れて薄紙で包んでくださいます。今回選んだ「錆朱(さびしゅ)」は朱色がさびて黒味を含み渋くなった色で、江戸人好みの「粋な色」なのだそう。

mi-mollet世代の私たち、そろそろきものも良いかな~、着てみようかな~と思われているかたも多いと思います。お持ちのきものも帯締一本でかなりイメージが変わります。好きな色はもちろん、普段は絶対に選ばないよね…って色も試すチャンスです!ぜひきもので新しいおしゃれを発見してみてください♪