2015 Jul. 31

実は正解がわからない、
ミモレ世代のネイル事情

実はたくさん頂くのが、ネイルのご質問。家事をしていても、仕事をしていても、とにかくしょっちゅう視線を集めるパートだから、きっとその日のスタイリングとして、気になるのかもしれません。

さまざまな考え方があると思いますが、私にとって、ネイルは清潔感をキープするための手段。この小さな面積に、モードやメッセージはあまりもたせません。ことさら人目を集めるようなデザインは、まずオーダーしないのです。

時間がない、と言うのもあるかもしれませんが、手は、冬はほとんどが短い爪に赤。夏は、淡いピンクの単色塗り。まれに、ネイビーでフレンチにすることもあります。
足は通年、赤。まず、他の色にすることはありません。手はジェル、足はシェラックです。

爪を整え、色を塗ることは、日に焼けた素肌が、くすんでくたびれて見えないよう、清潔に見えるための、習慣です。


爪の存在感は、そのときどきで優先順位を変えます。

それまでは、デコラティブなデザインを施していた友人のネイルが、出産後、短く切り揃えられ、透明のマニキュアだけが塗られていた、こんな変化に気づくと、なんだかじんわりしてしまいます。

美しい銀髪の75歳のマダムが、少し深い赤のマニキュアをされ、あなたのスタイリングが好きよ、と手を握って下さったときは、涙が出そうになりました。

小さな小さなパートである爪には、そのとき大事なもの、ことが表れています。だから、私たちは、この部分に手間をかけるのかもしれません。

大草 直子

  • 飲んでるのは、響のハイボール(笑)。最近、ビール→ウィスキーが、定番です。長年通っているのはハンズオン。あと、ukaもとても丁寧で大好きです。
  • 冬でもペディキュアは欠かしません。全くと言っていいほど注文のない夫の、唯一と言えるオーダーと言うのもありますが、視界に赤があるとホッとします。
Today's pickup

そうそう、今日は満月ですって。飲み会の帰り道、家事の終わりに。仕事帰りに空を見上げましょう。

CREDIT :

サンダル/クリスチャン ルブタン