こんにちは。

おいしいグラノーラの作り方
読んでくださった方から
たくさんのメッセージを頂きました。
皆さん、ありがとうございます。
励みになります(笑)

その中で、
『どんな材料を使っていますか?』
というご質問がありましたので
参考までにご紹介しますね。

 大切なことは、
●まずはレシピに忠実に作ってみる。
●自分のお気に入りのグラノーラを
 【作り続けるために】
 無理なく材料をそろえること。
●レシピに忠実に作ったあとは、
 自分好みの甘さに調整して
 さらにおいしい!を感じること。

まずは、
オートミールから。
 グラノーラを作るための一番のポイント
 《ロールドオーツ》
 というタイプを使いましょう。
 私が使っているものはコチラ↓

一袋で2回分(20食)作れます。

 オートミールは
 大きく3種類に分けられます。

 《ロールドオーツ》
 オートミールの中でも食べやすい種類。
 オーツ麦のもみ殻を取り除いたものを
 オートグローツと言い、
 それを蒸してから平らに引きのばし、
 乾燥させたもの。
 味付けされているわけではないですが
 加熱処理されているので
 調理しやすいのが特徴です。

 《オートブラン》
 オーツ麦の外皮を集めたもの。
 栄養価の高さとは対照的に
 おいしい!とは言えないのが残念。

 《スティールカットオーツ》
 オーツ麦のもみ殻を取り除いた
 オートグローツの一粒を
 2~3個に割ったもの。
 美味しく食べるには、
 ある程度時間をかけて
 調理することが必要です。

 ロールドオーツを
 さらに食べやすく加工した
 インスタントオーツやクイックオーツは、
 雑炊のような感覚の調理向きで、
 グラノーラ向きの食感ではありません。
 
 ということで、
 グラノーラには《ロールドオーツ》を!

○全粒粉小麦粉
 全粒粉は、薄力粉に比べて
 約3倍の食物繊維や鉄分を含み、
 炭水化物や糖質を分解し、
 エネルギーに変えるのを助ける、
 疲労回復のビタミンとも呼ばれる、
 ビタミンB1の含有量も多いそうですよ。

 でも、全粒粉ではなく、
 普通の薄力粉でも大丈夫です。
 基本は家にあるものから
 使っていきましょう!
 

 

○ナッツ
 私の中では、
 アーモンドとクルミは必須(笑)
 お好みで好きなナッツを。

 


○ドライフルーツ
 ノンオイルが理想です。
 レーズンさえあれば、
 基本のグラノーラは出来ます。
 私は、クランベリーや無花果(いちじく)、
 アプリコットを入れるのが好きです。

 

○メープルシロップ
 もちろん、はちみつでも作れます。
 我が家はメープルシロップ派。
 はちみつ好きな方は、
 いろんな種類のはちみつで。

 


○植物油
 いつも使っている家にあるもので。
 もちろん、グラノーラだけのために
 ちょっとこだわったものにしても。

 私はなたね油を使っています。
 試しに、オリーブオイルでも
 作ってみたことがありますが、
 少し風味が残るので、
 好き嫌いがあると思います。


同じメーカーの材料で作る必要は
全くありません。
ロールドオーツは無理かもしれませんが、
いつものスーパーでそろえられるのが
理想的ですよね。
あとは、ネット通販とか。

私は、好きな本屋のついでに立ち寄る、
ビオ・マルシェで買っています。

なので、ネット通販はしていないのですが、
ビオ・マルシェでも
ネット通販があるようです。

※ロールドオーツやナッツは、
 見当たりませんでしたが
 ドライフルーツや全粒粉、
 メープルシロップなどは
 お取り寄せできるようです。

ぜひ、作ってみてください!

 次回は、
【とうもろこしの食べ方】を
 お届けしますね。