mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2015.8.22

「おいしく食べるファスティング」のプチ合宿レポート!

最近、40代ミモレ世代の友人の間でとにかく話題になっているのが食事制限による体質改善。そんな中、「おいしく食べるファスティング」という、日常の生活のなかで無理なく取り入れられる方法を体験するプチ合宿があると聞いて、さっそく参加してきました。

うかがったのは、原宿にある「NOHARA BY MIZUNO」。スポーツメーカーミズノのコンセプトショップとして2014年にオープンしたこちらは、"スポーツリビングルーム”をテーマに、カフェやスタジオ、ランニングステーションまで併設された複合ショップ。
定期的にヨガやランニングなどのイベントも開催されているのですが、その中のひとつが今回ご紹介するプチファスティング合宿です。朝8時30分にショップに集合し、ヨガやランニングなどのレッスンを受けつつ、実際に食べるファスティングが体験でき、お昼12時過ぎには解散という手軽さも嬉しい!

ということで、まずは自分の体の現在の状態を把握するために計測からスタート! 体脂肪から基礎代謝、皮下脂肪率まですべてチェックしてくれます。私の結果は……、これまで目を背けていた現実に直面してしまい、もう茫然!「体内年齢は20代だから!」なんて自慢していたのに、ぎょっとする数値でした。「私がずっと信じていた体重は、もはや太古の体重計による幻想だったのね」と、最新式の体組成計に変えようと決心したほどです。

さて、気を取り直して、次は伊藤ゆり先生による約1時間のヨガセッション。「背骨を動かすと内臓が活発に動くようになります!」と、ファスティング期間におすすめの、上体をねじるポーズなどを教えてくれました。脇を伸ばして普段使わない筋肉を動かすだけでも、代謝はあがるそうですよ!

会場の「NOHARA BY MIZUNO」は、カフェ、ショップ、スタジオが併設されたランニングステーション。
伊藤ゆり先生によるファスティング期間におすすめのヨガセミナー。目覚めのときにぴったりのやさしいエクササイズでした。

心地よく汗をかいた後は、「消化&代謝アップのイエローデトージュース」を飲みながら、管理栄養士の板橋里麻先生によるファスティング理論のレクチャー。食事の摂りすぎをやめて内臓を休め、不足しがちな食物繊維や酵素を積極的に摂るというシンプルな食事法です。
ちなみにこのジュース、肝機能を高めデトックス効果のあるターメリック(うこん)や、食物繊維が豊富なパイナップルやグレープフルーツがMIXされ、血糖値が急激に上がるのを防いでくれるというもの。

ヨガの後はターメリック(うこん)やフルーツで浄化してくれるフレッシュジュースで栄養を補給。
「美味しく食べるファスティング」考案者の板橋里麻先生の講義。栄養学に基づいた理論にふむふむと納得!

板橋先生によると、エクササイズのあとは血流がよくなるので、"からだにいいもの”を摂るべきだとか。また、吸収しやすいタイミングでもあるので、脂質や糖分など「悪いもの」は厳禁だそうです。私、これまで運動後はここぞとばかりに食べまくっていました(汗)

固形物を一切食べないというストイックな絶食と比べて、取り組みやすい「美味しく食べるファスティング」。その理論を知ると、毎日の生活の中でも"賢く食べる”ことができそうです。プチ合宿のレポートは次回に続きますね!

NOHARA BY MIZUNO
東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31 2F
TEL 03-3409-6507

PROFILE

間庭典子/フリーライター。取材をきっかけに走りはじめ、ランニングやゴルフなどウェルネス関係の分野でも活躍。