mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2015.9.5

コンパクトに携帯できるヨガマットで、いつでもどこでもスタジオに

日常的にヨガを楽しんでいる人にとって、意外と頭を悩まるのがヨガマット。ちょっと時間ができたからレッスンに行こう! そんな時のために持ち歩くには、ヨガマットはかさばりすぎ。かといって、パーソナルなものだけに、誰が使ったわからないレンタルマットには抵抗が……。そんなジレンマがあるのもも事実でしょう。

そんな悩みを持つヨギーニにぜひおすすめしたいのが、サンフランシスコ発のコンパクトなヨガマット「YOGO」。薄く軽量な素材なので、新聞紙のように折りたたんで持ち運ぶことができる、携帯に適したマットなんです。
例えば、予想外に仕事が早く片付き、ヨガレッスンに行ける! となんていうときも、もう大丈夫。このマットをオフィスの引き出しに常備しておけば、会社帰りに気軽にスタジオに通えるんです。これは嬉しい!

新聞紙のようにたたんで運べるから、携帯も楽ちん。
縦に二つ折りにしてさらにコンパクトにたたむと、172㎝×61㎝のマットがハンディサイズに。
付属のストラップで留めるだけで簡単にひとまとめに。この通り、バッグにもひょいと入れられます。

また、通常のロールマットのように巻いてたたむタイプとは異なり、折りたたむだけなので、地面に接着している面が体が触れる面に接触しないというのもポイント。清潔さをキープできるというメリットもあるんです。さらに、シャワーなどで水洗いした際にも、付属のストラップで吊り下げて簡単に乾かせるなど、お手入れも楽ちん。例えば、旅先に持参してビーチや森林の中でヨガ、なんてことにも気軽にトライできちゃいます。

オフィスのランチタイムでも、週末の公園でも、旅先のビーチでも、気が向いたらいつでもエクササイズできる気軽さがいい!

しかも素材がエコ! 生分解のグリップ性に優れた生分解性のナチュラルゴムを使用していて、ストラップとバックルも頑丈なのにリサイクル可能。地球にやさしいんです。

いつでもどこでもセッション可能な「YOGO」のマット。多忙な都会のヨギーニの必需品です♪ 

この秋より、シップスデイズなどの各セレクトショップで販売開始。

オープン価格/YOGO
お問い合わせ先/SN JAPAN tel. 03-6450-6987

PROFILE

間庭典子/フリーライター。取材をきっかけに走りはじめ、ランニングやゴルフなどウェルネス関係の分野でも活躍。