2015.9.8

ソウル弾丸ひとり旅 vol.3 最終日編

ダラダラ過ごしてしまいがちなソウル旅の最終日に、編集部・大森は無理矢理帳尻を合わせにいきます(笑)。

というわけで、朝食は、ソウルでも流行しているらしい(友人談)カロスキルの一本裏のコールドプレスジュース屋さんENERGY KITCHENを偵察。連日の食べすぎ、かつ、これから受けるエステのためにお腹を軽くしておきたかったので、ホテル近くにあって本当に助かりました!

1本あたり約1000円と日本と値段は変わらない様子。お店の方が日本語を話せたので、日本のコールドプレスジュース事情を説明していたら、いろいろな種類のジュースを試飲をさせくれました。日本より、じゃっかんフルーツ量が多めで飲みやすいかも、と思いました(編集部・大森調べ)。
ケールやほうれん草、セロリ、りんごなどを使った、最も基本の1本と薦められた「H FREEDOM & GREEN VELVET」を購入。時間がなかったので、移動のタクシーでいただきました!

その後、明洞(ミョンドン)へ移動。日本で予約しておいた韓国人参公社の高級紅参ブランド「正官庄」がプロデュースするスパ、SPA Gヘ。1本に6年という年月をかける6年根紅参をたっぷり配合したオイルやクリームなどをつかったメニューを受けることができます。今回は、フッドバス、フェイシャル&ボディ、ヘッドスパを含んだパッケージメニュー(たっぷり3時間!)をチョイスし、旅行前に予約。

2号店が明洞のスカイパークホテルの地下に位置します。これで、観光途中に時間のロスなく施術が受けられるように! ※ちなみに1号店はオフィス街の三成(サムソン)駅近く。
明洞の喧噪が嘘のような静かでラグジュアリーな空間。フットバス、ヘッドスパは専用のお部屋へ移動します。

このような贅沢行為を自己投資するには、いわゆるあの常套句を呪文のように自分に投げかけます。

「これは、がんばっている自分へのご褒美」!

エステですっきりした後は、ソルロンタン(牛肉を煮込んだスープ)で腹ごしらえ。何せ、朝ジュースを飲んだだけだったので、お腹がペコペコ。スパから徒歩1分なので、小走りしながら飛び込みました!

  • まずはエンドレス・キムチ(笑)。コチラは、それぞれのテーブルにキムチがセッティングされています。
  • 明洞のど真ん中にある、神仙ソルロンタン。お買い物途中で小腹を満たしたときにオススメです。
  •  

ちなみに、友人とのソウル旅では、ロッテデパートから徒歩5分くらいのところにあるふぐ屋さんに行くのがお決まりのパターンです。ふぐ焼き、鍋、ともに本当に美味しいです。さらに、白子のホイル焼きもオススメ。

その後、徒歩5分のところにあるロッテデパートでお土産を物色(フードコートも充実していますので、時間がない方はコチラでお食事するのも良いかと思われます!)。からの、コーヒーショップ(本当にソウルはお茶処天国で、どんどんカフェが増えていく印象があります!)でひと息。そして、後ろ髪をひかれながら、金浦空港へGO(明洞くらいから車で30分くらい。韓国はタクシーが安いので、私のソウル旅はもっぱらタクシー移動です。平日の通勤時間帯は混んでいるので時間の逆算には注意が必要です)。

チェックイン時刻のギリギリに空港にすべりこみ、搭乗口へと猛ダッシュ……それが、私のソウル滞在最終日の常です。

次は、vol.4 パッキング編