2015 Jan. 26

大阪愛と旅のコーディネート


みなさま こんにちは。
大草直子です。

週末は大阪へ。おいしくて楽しくて、I LOVE OSAKA!

帰京のためのチケットの時間を少し早めようと、
みどりの窓口に立ち寄ったときのこと。
時間は8時半。
「8時37分頑張る?」と言われ、「頑張りません(笑)」。
「そうだよね。じゃあ、50分で」。
思わず笑ってしまいましたが、こういう会話の面白さ。

大阪っていいよなあ。

人と人とが一瞬でも出会って、コミュニケーションをすることの奇跡。
私たちがmi-mollet(ミモレ)でやろうとしていることも、
ある意味同じことだと思っています。

さて。
今日は旅の着こなしの話です。
と言っても、今回は国内トリップですが。

まずは靴を最初に決めます。
東京駅は階段が多いので、スニーカーはマスト。
そうなると、ボトムスはストレートタイプに。
次に決まるのはトップス。新幹線で爆睡する予定なので、
カシミヤのミドルゲージのリラックスニット。

次にピックアップしたのはハット。
ノーメイクの起き抜けの顔&髪で行く予定だったので、
ハットははずせません。

そうして決まるのがコート。ネイビーのチェスター。
グレー、ブルー、ネイビーの3色の中から選ぶのが正解。
心地良いリズムだと思えるのは、全身で3色までかなあ、
と思うので、自然とインナーに使った3色の中の1色に。
1月20日に着ていたコートと同じです。

スーツケースは、すべてリモワで統一しています。
海外ロケなどで2個持ちするときも、
フォルムとテイストが統一されているので、違和感がありません。

機内持ち込みできるものは、マットなガンメタにしました。
私のグレーメインのワードローブにも合ってくれるのです。

最後にラペルが細く長いので、ロングネックレスかストールが必要。
何度も言いますが新幹線で爆睡するので、ストールにしました。

場所や時間に合っていること、目的を達成しやすいもの、
それが「おしゃれであること」だと思います。

いつか休みが取れたら、(3月かなあ、コッソリ)
海外旅行のワードローブなんかもご紹介しますね。

大草 直子

  • 5年間のパーツの保証が付いたリモワは、ファッション関係者にも大人気。昨年ミラノコレクションに行ったとき、空港の手荷物受取所(こんな名前なのでしょうか?)は、リモワでたくさんでした! ユナイテッドアローズの限定の白も気になります。
  • 新幹線の中で寝るためにも(あー、本当にしつこい)、サングラスは必須です。荷物をできるだけ減らしたいので、レイバンのフォールドサングラスを。これ、本当にすごいです。こんなに小さくなるのに、かけたときの印象はレギュラータイプと変わりません。
Today's pickup

乗り物に乗ると、すぐに寝てしまいます。新幹線、飛行機に関しては、特にそう。なんでしょうか、この体質。大切な睡眠の時間なので、コンフォタブルな格好がマストです。けれど、富士山が間際に見える瞬間は、しっかり起きました♡

CREDIT :

コート/ハウント ニット/ドゥロワー ストール/ジバンシィ デニム/レッドカード ハット/伊勢丹新宿店 シューズ/イタリアで買ったもの スーツケース/リモワ サングラス/レイバン