2015.9.16

また行きたくなる場所
山歩き~上高地&尾瀬編~

こんにちは。
なぜ山に登るのか?
そこに山があるから!
"Yes, it is there. "
登山家ジョージ・マロリーの言葉です。

山の上でコーヒーを飲みたい!
早起きして、
山が朝日を浴びて赤くなる
モルゲンロートを見たい!
下山した後の温泉が楽しみ!とか。

山歩きの目的は、
どんな小さなことでもいい。

山頂を目指す登山があり、
山頂を目指さないトレッキングもある。
子供が小さいうちは低い山へ
みんなが楽しめる日帰り登山。
体力に自信がなければ、
片道だけロープウェーでもいいのです。

だから我が家は、
この秋の山歩きの目的を
『秋の山で1泊』と決めました。
低登山をいろいろ経験した子供たちを
山小屋デビューさせるということ。

だから登るということに
重きを置かない!(笑)
北八ヶ岳ロープウェーで登って、
青い三角屋根がかわいい
縞枯山荘》に行こうかな?と。
簡単に行けて山小屋の雰囲気を味わう。
これも山歩きの楽しみのひとつ。

そしてここで私の山歩きヒストリー(笑)
3,000m級の山々をバックに
写真に写る若かりし頃の父親の影響で
私の登山デビューは幼少期。
その後、部活に明け暮れ、
山は遠い遠い存在に(苦笑)。
また私を山の世界に
連れ出してくれたのは、
若い頃、尾瀬の山小屋で
バイトをしていた夫なのでした。

秋の尾瀬ヶ原の木道を歩き、 夫がバイトしていた 燧小屋(ひうちごや)に泊まり、 翌朝、至仏山(標高2,228m)に登頂。尾瀬は私にとっても特別な場所に なりました。

山登りって
最初の10分がとにかくいつも
何故だか辛い!(笑)
そのうちだんだん呼吸が整ってきて
景色も!会話も!登ることも!
楽しくなってくるので不思議です。

そして山歩きのいいところは、
すれ違う人達と必ず挨拶すること。
これが本当に気持ちがいい。

気になる(気にならない?笑)
山の私のスタンダードスタイルは、
かなりメンズっぽい感じです。

足型から作る日本で唯一のオーダーメイドの山靴店"ゴロー"で作った山靴。 キャンプにもおすすめ出来るパンツはセパレートタイプ(mont-bell)。ソックスは、中厚~厚手のもを。 素材は脱臭効果抜群のメリノウール。 DARN TOUGHの靴下は生涯補償です。 破れにくく、もし破れても破れる度に交換してくれます。山でも家でもお世話になりっぱなし(笑)  実際に履きつぶした靴下は 本当に新品と交換してくれました! 購入したのは取扱店のA&Fカントリー。 その他、パタゴニアも好きです。

そして槍ヶ岳や穂高連峰など
3,000m級の山々への玄関口となる
長野県・上高地。

紅葉時期(10月下旬~11月中旬)、
山頂付近の雪の白と
カラマツやシラカバなどの黄金色が
本当に美しいです。
込み合う河童橋付近の喧騒を後に、
ため息が出るほど美しい
穂高連峰を水面に映す大正池
キャンプも出来る徳沢
のんびり秋の山を感じてみませんか?

 
結婚前に夫が送ってくれた 絵葉書↑の裏。 奥穂高岳(標高3,190m)に いつか登れる日がくるかな? 鍛えなくては(笑)
 

●私のウィッシュリスト

・地図を読めるようになりたい(笑)
・上高地から涸沢(からさわ)カール
 中央アルプス最高峰
 木曽駒ヶ岳(標高2,956m)の
 千畳敷カールへ家族で山歩きしたい。

まずは、子供たちの山小屋デビュー☆

なんてったって、
山歩きは【十人十色】ですよ!


次回は、また行きたくなる場所
《フランス編》をお届けします!