モダンリビングパブリッシャー下田結花「インテリアの小さなアイデア」

2015.9.29
159

くじけそうな朝は、声を出してこの詩を読む

ベッドサイドに立てかけてある本。谷川俊太郎さんの「生きる」という詩に、松本美枝子さんの写真を合わせた一冊です。誰にでもくじけそうな朝はあるものです。そんな時、私はこの本を手に取り、声を出して読んでみます。「生きているということ。今、生きているということ。」という言葉から始まる詩は、なんと大きな世界を含んでいることでしょうか。何のためにこれをしているのだろう、この先どうなっていくのだろうーーそんな不安や戸惑い。理由もなく暗く、気分が落ち込んだとき、声を出してこの詩を読むと、気持ちが上がっていくのです。生きるとは「今」なんだと思い出させてくれる本。それもまた、インテリアに必要なものだと思います。

1つの詩だけ。その1 行1行に、1枚ずつ写真が配されています。直接的ではない写真だからこそ、深い。最後の英文の翻訳「To be living」も美しいのです。谷川さんのあとがきもぜひ読んでください。 「生きる」詩 谷川俊太郎 写真 松本美枝子 定価¥1500+税(ナナロク社) 私はAmazonで買いました。