2015 Sep. 30

とにかく秋は、
グレーがあれば!

突然ですが、無人島に1色しか持っていけないとしたら? 間違いなくこんな質問されませんが、私はグレーを選びます。

理由は、着ていてリラックスできるから、という私的な理由のほかに、ほかのどんな色とも似合い、そして季節を問わないから、という感じでしょうか。

例えば、今日みたいに、ウールのニットを素肌に着るには暑い日にも、夏のワードローブ、それは白だったりするのですが、、、とも、しっくりなじんでくれるのはグレーだったりします。

白にネイビーだと春のマリンぽいし、ベージュだと、色味をよほど選ばないと、ちぐはぐに。

ということで、この秋のグレーワードローブ
の一部がこれ。
赤みを含まないグレー系、そして濃淡つけておけば、グレー同士も、さらに他の色とも仲良くしてくれるのです。

ここをベースに、いろいろな着こなし、またお見せしますね!

大草 直子

  • 秋の始めは、グレー×白。秋が深まると、ワイン色やマスタードイエローと合わせます。
  • グレーを土台にすれば、こんなアイテムも簡単に取り入れ可能。パンツ/ドゥロワー  スカーフ/エルメス  ニット/デザインワークス
Today's pickup

10月は気候もさまざま。そして、プライベートでは、いろいろなイベントが。そう、運動会とか! そんなとかに活躍してくれるのは、こんなグレーのダウンベスト。

CREDIT :

横位置写真
ベスト/デュベティカ(ハウント)
パンプス/ジャンヴィトロッシ
スカート/カルヴェン
ニット/アーム
ハット/ドローイングナンバー
パンツ/ウィム ガゼット
カーディガン/ユナイテッドアローズ
ノースリーブニット/トゥモローランド

コーディネート
Tシャツ/ヘインズ
ベスト/デュベティカ(ハウント)
パンツ/ウィムガゼット
バッグ/フェンディ