2015.10.1

東京タワーがピンク色に。 感慨深い1日です

年に1度、東京タワーがピンク色に染まる日。「ピンクリボンキャンペーン」。乳がんのことをもっと知ってもらおうという啓発活動は世界中で行なわれていて、そのひとつに「ランドマーク イルミネーション」があります。日本では東京タワー、東京スカイツリーをはじめとする、ランドマークがピンク色にライトアップされます。

 

 

「この感じ、忘れないで」

と胸のしこりを触らせてくれた、大切な先輩。右の乳房に小さいけど石のような硬い感触がありました。

彼女は以前、「半年に一度は受診するように」とドクターから言われ、乳がんの定期検診を行なっていたそうです。でも、仕事や毎日のバタバタで、検診が延ばし延ばしになってしまっていたとか……。この知らせを聞いたときは驚きとショックで、何て答えたかも覚えていません。

「乳がんは他人事じゃないのよ。あなたも私のようになるかもしれない。だからこそ、ちゃんと知っていてほしいの」とわざわざ会いに来てくださいました。

先日、北斗晶さんのニュースでもありましたが、決して他人事ではないんですよね。

 

記者の仕事に就いたばかりのとき、エスティ ローダー グループのピンクリボンキャンペーンの取材をしたことがありました。今では、「12人に1人が乳がんになる」といわれています。でも、早期に発見することができれば、命を落とすリスクを減らし、治すことだってできるんです。

「女性として、そして愛する人たちとの生活を守るためにも、年に一度の検診は必ず受けてほしい」と言った先輩の言葉はズシンと響きました。そして、いろんなことを考えました。

あれから3年。再発も転移もなく、先輩は今、元気です! さらにこの経験を自分の仕事に活かすために、乳がんの患者さんをサポートしています。

私も年に一度のマンモグラフィと超音波の定期検診は必ず受けています。母や姉にも検診をすすめ、受けるようになりました。早期発見は毎日のケアでもあるんです。お家でできる簡単セルフチェック法も今ではサイトやガイドBOOKにも載っているので、この機会に覚えていただければと思います。

 

今日、友人からメールが入りました。「今夜は東京タワーがピンクだぞ(笑)。7年前の今日、病室から東京タワー見てたから感慨深ーい」と。7年前はまだ知り合ってなかったけど、今では本音で話せる友だち。こうやってフツーに話せること、そして彼女が元気でいてくれることを本当に嬉しく思います。

彼女が撮影した東京タワーと一緒にアップしたいと思います。