2015 Oct. 5

秋になると、ヴィンテージの
バッグを持ちたくなります

良い天気の週末が終わり、また新しい1週間がスタートしました。カシミヤの心地良さや、こっくりとした秋色の美しさを楽しめる季節ですね。嬉しい♡ あんなに夏が好きだと騒いでいたのに、秋は秋で良い季節です。

さて。こんな秋本番の月曜日! おしゃれにも気持ちにもフックが欲しい! と、ヴィンテージのバッグを合わせてみました。1990年代のセリーヌだと聞いています。スムースで繊細なレザーと、今のセリーヌにはない、大きな金具使いに惹かれて、数年前に購入しました。誰かの手を経て、私の元にやってくるヴィンテージ物。その関係性は、いつも危うく、今日決断しなかったら、もう明日は会えないかもしれない緊張感があるので、よほど迷う理由がない限り、手に入れることにしています。

いつも買うのはニューヨーク。よく訪れるのは、WHAT GOES AROUND COMES AROUND。オリジナルも扱っているので、新旧ミックスができる稀有なストアです。

どんなスタイルに合うわけではないけれど、強いパワーで、スタイルを引っ張って行ってくれる存在です。

秋のニューヨーク、きれいでしょうね! 行きたい!

大草 直子

  • 4日に行われた、大丸東京店でのイベント直前。ヘアメイクの菊池かずみさんに、最後の仕上げを(笑)してもらっている、の図。
  • 3日は、実は私の母校、立教大学の「卒業20周年記念の同窓会」が行われました。不肖わたくし、幹事を務めさせて頂きましたが、昔に戻ったようで楽しい時間を過ごしました。この記憶も、もしかしたらヴィンテージ?
Today's pickup

ミモレの撮影が早く終わり、お昼前にお弁当を食べてしまいました(涙)。やはり15時半にはお腹がすいて、思わずサンドイッチをおやつに……。お弁当持参も良し悪し。

CREDIT :

ニット、パンツ/ドゥロワー