2015.10.14

ぶらり宮崎ふたり旅 vol.2高千穂/神社編

ずっと興味がありながら、なかなか足を運ぶことができなかった、「高千穂」。とはいえ、「高千穂」という響きに憧れていただけで、ほとんど予習をせず、なんとなくやってみたいことを伝え、現地人おがに丸投げ(笑)!

というわけで、まずは半日をかけ神社巡りをすることに……。巡った神社は、天岩戸神社(西本宮、東本宮、天安河原)、高千穂神社、荒立神社、向山神社。もちろん、神々が棲むと言われる高千穂には、もっともっと神社がありますが、今回はコチラの4カ所に。

芸能と縁結びにご利益があると言われている荒立(あらたて)神社。心をこめて力強く7回打つと願いが叶うという七福徳寿板木(しちふくとくじゅばんぎ) を、もちろん力をこめて叩いてきました(笑)。
高千穂神社にある、夫婦、恋人、友達と手をつないで3回まわると縁結び、家内安全、子孫繁栄の3つの願いがかなうと言う夫婦杉。おが(既婚)は、なぜか、ひとり黙々と3周していました。

話は逸れるようですが、過去訪れた中で最も好きな神社は長野にあります戸隠神社でありまして……天照大神(あまてらすおおみのかみ)が岩戸を開けたときに、天手力雄命(あめのたぢからを)がその岩戸に手をかけて岩戸を開け、その岩戸を放り投げたという伝説があり、その岩戸が日本のだいたい真ん中の長野に落ち、「戸隠山」になったと言われています……というわけで、大好きな戸隠神社と関係が深い天岩戸神社には、不思議な思い入れがあり、初めて訪れることができて感無量でした。

岩戸伝説、詳しくはコチラ>>>

御神体の天岩戸の洞窟は、西本宮から谷を挟んだ対岸に。西本宮拝殿の裏側に天岩戸が見える天岩戸遥拝所があり、授与所で受付をすれば、神職に案内をしていただけます。
天照大神がこもってしまった時に、どうやって外に出てきていただくか相談した天安河原。天岩戸神社より500メートルほど川をつたいながら、川上に歩いたところに位置しています。

そして、今回の神社巡りで、もっともビビビッときてしまった(霊感が強いわけではないです! 念のため)のは向山神社。