2015.10.16

ぶらり宮崎ふたり旅 vol.3 高千穂峡編

高千穂と聞いて皆さんが思い描く風景……きっと、それは緑深い峡谷の風景なのではないでしょうか? 

はい、「この景色=高千穂」だと思い込んでいたのは私です! 

高千穂峡の「ボート乗りたいですか?」というおがの一言に、「乗らないという選択肢はない」と答えた、なぜかおがには強気な編集部・大森です。高千穂峡のボートは本当に人気(シルバーウィーク中には5時間待ち!!!になったもよう)。

「乗らずに帰るわけにはいかない!」と受付開始の8時30分に現場に乗り込んだものの……
26番目でした(ちなみに日曜日でした)!

この日の2回転目に乗船可能となり、ボート乗り場でボーッと鴨などを観ながら待つこと(乗船時間は30分ですので)30分。

かなり急な階段を降りてボート乗り場へ。
ボートを乗らず、散策路から眺めるだけでも充分に堪能できます。紅葉の時期は尚のこと、だと思われます!

渡されたライフジャケットを着用し、いざ、出発!

おが、ひたすら私の指示に従い、ひたすら漕ぎまくってくれました。ちなみに、川の流れはほとんどありません。
そして、あの絵はがきのような風景に向かって、ボートを漕ぎ進めます。

そして、そうです、やっぱりです。

写真撮影のため、大渋滞です(苦笑)! 

 

かくゆう私もパシャリ!

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』という不朽のテレビドラマ作品(大好き!)がありましたが、打ち上げ花火同様、高千穂峡もどこから見ても絶景! 「ベタな観光地は苦手」という方もコチラはお外しになりませんように。

次回は、vol.4 高千穂あまてらす鉄道編