周辺に生えている柔らかそうな草を、ヤギさんに。「家からキャベツを持って来てもいいんだよ」と地元キッズが教えてくれました。ファームには、無化学肥料栽培のトウモロコシ畑を利用して作られた大きな迷路もあって楽しめます。

10月のある週末、所用で熊本空港近くに一泊しました。3歳の息子が喜ぶだろうということで、オオヤブデイリーファームにも立ち寄りました。自家産堆肥を活用したり、無農薬の牧草を作ったりしながら、「循環型酪農」を実践している小さな牧場です。

ファーム内のショップでは、ソフトクリームを。フランスから学んだ考え方と技術を基に、ナチュラルなオメガ3系脂肪酸を多く含むミルクの生産に成功したそうで、その自家製乳製品は、健康と美容への効果を意識したものとなっています。

オメガ3強化ソフトクリーム。ヨーグルトはオンラインショップで買えます。

ヨーグルトを配合した石鹸も売られていました。購入以来2週間、朝晩の洗顔に使ってみて、香り(ラベンダー油なども入っています)も良く、洗い上がりもしっとりしていて、肌の調子は良いです。旅先ではいつも、地元産の特色ある原材料を使用した石鹸などを見つけ、良さそうだと思ったら、試しに買ってみます。訪れた場所と関連づけられると愛着が湧くし、隠れた名品との出会いを通じて地方の豊かさの再発見にもつながり、毎回楽しみなのです。

フランスとの提携の下、オメガ3に富む牛乳を生産し、石鹸にもそのヨーグルトを配合していることから、エッフェル塔の形。こちらもオンラインで購入可能。

ヤギの餌やり、稼働中のホイールローダー(機械車両)の見学、そしてジェラートとソフトクリームの両方を堪能し、「帰らない〜!」と半泣きの息子をなだめすかし、素敵なファームを後にしたのでした。