2015 Oct. 31

カール ドノヒューのムートンに
惹かれる理由

リッチで暖かな素材とリッチ感。ムートンコートは、自分自身で着るのも、撮影用にスタイリングするのも、とっても大好きなアイテム。自分でも何枚か所有していますが、どうしても重たかったり、もしくは曖昧色好きの私のワードローブには、色が強すぎたり――と、しばらく遠ざかっていたのですが、今年は新たなムートン元年を迎えそう♡

それは、イギリス人デザイナー、カール ドノヒュー氏との出会いから。
いくつかのプロジェクトをご一緒させて頂き、ご本人からも商品説明などを受けているうちに、えいっと清水の舞台から飛び降りていました(笑)。
ミルク色のノーカラーのコート。この幸福感は、やはりムートンでないと! ということで、雨の日やロケがある日はもちろん着ないつもりでオーダー。

一見、太って見えるかなあ、と心配だったのですが、着てみたら全然! 上質なレザーやファーを使ったアイテムを、ブランド創業(今年でなんと20年!)以来扱っている彼ならではの、まるで布帛のようなフォルムは、細身で美しい♡

傷や汚れがあると濃色に染めてしまうため、彼のプロダクトの代名詞でもある、「何色と表せない、繊細な色」も、カールのムートンに惹かれた理由です。本当に素材にこだわり、多くのタンナリーと言われるなめし工場とタッグを組んでいるからこそ。合わせる服のトーンも明るくして、優しい色のグラデーションを楽しみたいと思います!

実物をご覧になってみたい方は、ちょうど今週末から、各所でポップアップストアやカール本人が来日してのトランクショーがスタートするようなので、ぜひ♡
<ポップアップストア>
BARNEYS NEW YORK 銀座店   10月30日(11月23日(
VULCANAIZE LONDON  心斎橋店 1113日(金)~1123日(月)

<デザイナートランクショー>
STRASBURGO 東京ミッドタウン店 113日(火)14:00~17:00 

大草 直子

  • 今シーズン、大人気のデザインがこちら。スレートグレー、と言われる今年っぽいグレーです。細身で長いので、ミモレ丈のスカートや、たっぷりしたワイドパンツなどと合わせても、バランスが取りやすいのが特徴です。ベスト/カールドノヒュー(¥180,000(税別))
  • リバーシブルのノーカラームートンコート。顔色が華やかに見える、ミルクホワイト♡ 着た時の、華やかさにノックアウトされ、こちらに決定。寒さは苦手ですが、早く冬が来て、朝コーディネートできるのが心から楽しみです。コート/カールドノヒュー(¥360,000(税別)
Today's pickup

「一生もの」と言う言葉はあまり使いませんが、ムートンやファー、レザーは別。着る度に、自分のボディラインになじみ、そして色が深みを増していくから、長く大切に着たいと思います。