みなさま、こんにちは。
シワやシミの原因、、紫外線と乾燥ですよね。この2つが皮膚の老化に拍車をかけてくれるわけですが。

ナチュラルネイル中心だった何年か前とは違って、ピッと目立つネイルカラーが好きになってきました。

この季節、特に気になるのが手のシワとカサつき。
水仕事とは切っても切れない主婦の悩みでもあります。もともと少ない手の皮脂が奪われて、カサカサの手に。手を洗ったり、水仕事の後には、必ずハンドクリームを塗るようにしていますか?(自分への問いかけか?)この手間をしているか、していないかで1年後?いや2年後?の手の美しさ(老化?)が大きく変わってくるようです。
それと眠っている間って、水や紫外線に触れることがない、肌にとって安全な時間。寝ている時間を上手く使ってケアをすることで、カサカサやあかぎれなどの手荒れを、早い段階で解消することができます。(わかってはいるけれどついつい...忘れてしまいがち。)
おやすみ前には、ハンドクリームを昼間に使う量よりも多めに塗り、さらに、手袋をして眠ることで、浸透性がグンとアップし、朝起きた時の手はしっとりすべすべの状態。手袋は通気性の良い綿素材のものを選ぶことをおすすめします。
また、ハンドパックも効果ありそうですよ。ハンドクリームを手に伸ばした後、ビニール手袋やラップを巻いて10分ほど放置。保湿成分を肌の奥までしっとりと浸透させることができます。
お風呂上がりの体が温まった状態で行うとより効果的みたいです。

もちろん色白加工してます!笑!

お風呂上がりは体全身保湿でカサつき防止のセルフケアタイムです。
子育て真っ最中の30代はまったく無関心でしたが、40代の今こそ自分時間を大切に。
寺谷真由美でした。