モダンリビングパブリッシャー下田結花「インテリアの小さなアイデア」

2015.11.13
182

忙しいときの花生けは、「小さく」か「1輪だけ」に

 

読者の方から、「忙しいときの花の飾り方を教えてください」というご質問を頂きました。今日はそれにお答えしますね。写真は高さ15センチほどのミルクピッチャーに生けたストック。2本のストックを小分けに短くして生けました。これなら水換えも簡単ですし、水揚げもいいので長もちします。もうひとつの方法は、1輪だけ生ける。一輪挿しでなくてもいいのです。グラスでも小さなポットでも、短く茎を切って挿せばOK。さみしいときは、アイビーやユーカリを少しだけ添えましょう。大きくたくさん生けようと思うと億劫になる花も、この方法なら気軽です。少しでも小さくても、花がある部屋は気持ちが安らぐ気がします。

ストックのように長い花は、茎分かれしている部分から切って短くすると、ボリュームが出ます。1輪挿しにするときは、バラやユリなど、1輪でも存在感のある花に。