2015 Nov. 27

【不定期連載】ショップ探訪
曖昧色の魔法をウィム ガゼット青山店で

先日もセットアップをコラボレーションさせて頂いたウィム ガゼット。中でも打ち合わせやリースで行きやすい骨董通りに位置する青山店は、足しげく通う店💛

お店のスタッフの方も、気さくで親切なので、
アウターやレザーなど「大物」を購入するときは、
長い時間相談に乗っていただきます。
このストアが好きなのは、親身なコミュニケーションがとれる、
という理由もありますが、
とにかく他にないのは、その色出しとカラーバリエーション。
最近でこそ少し扱いも増えましたが、最初にお店に足を踏み入れた時、
黒のアイテムは1つもなかったような。

そうです。
ウィムベージュといわれる、ピンクがかった甘くて、
けれど凛としたピンクベージュをはじめとする、
ベージュのバリエーションの広さに、もう目は💛。
日本の服も変わった、とベージュLOVERの私は真剣に思ったものです。

と、前置き長いですね。
いよいよ寒くなり、街がグレーや黒に支配されます。
とはいえ、ピンクやブルーを、というのも難しい。
そんなときに、ウィムベージュに代表される、曖昧色です。
着る人を幸せに、リラックスしているように見せてくれるのです。

合わせる色を選んでしまう?
ぼやけない?

答えはどちらもNOです。
まず合わせる色を、こんなに選ばない色はありません。
同じように曖昧な色はもちろん、グレーやネイビー、黒だって。
あ、もちろん白も素敵です。
そしてぼやけないか、ですが――カシミヤ、レザー、
ファー、ウール、シルク、コットン。素材を注意深くレイヤードしていけば大丈夫。
要は、できるだけ多くの素材を使えば良いのです。
最後に、ピンクベージュの口紅を忘れずに。これは、ベージュを着るときだけではありませんが、特に冬、ミモレ世代の私たちは口紅を忘れないように。

厚みを増した素材に、顔が負けます。
最近私が気に入って使っているのは、MACのタッチという色。顔の輪郭をクリアにしてくれます。

グレーや黒に飽きた方、今年の冬はぜひ曖昧色にトライしてみてください!

あっ、ECサイトにて完売していたコラボのセットアップ、再入荷したとのこと。こちらもウィム得意の曖昧ベージュです。


【ウィムガゼット 青山店】
住所:東京都港区南青山5-11-9レキシントン青山ビル1F
電話番号:03-5778-4311
▶ウィムガゼットのホームページはこちらから 
▶オンラインショップはこちら

大草 直子

※本ページ記載の価格は、すべて税抜価格です。

  • カジュアルなチェックのシャツも、こんな曖昧色。か、かわいい💛 合わせるデニムも、かなり年季の入ったブルージーンズにしたい。洗いをかけているから、新品なのにヴィンテージ風の風合い。
    シャツ/ウィムガゼット(各¥19,000)
  • ピンクベージュのニット。向かって左のようにスタイリングもできるし、右のようにカジュアルに着こなすことも。スカート(¥14000)ニット(¥31000)/ともにウィム ガゼット パンツ/エキパージュ(¥24000) ストール/ホルツウェイナ―(¥15000) 靴/ペリーコ(¥49000)
Today's pickup

コートが早く着たい、と思う反面。あの寒さにひるむ私。今はまだまだ大丈夫、と思うんだけど、毎年2月にはそう思ったことを後悔するんだよなあ。

CREDIT :[トップ写真 ※左から]

ポップコーンツイードショートコート(¥42000)
・フーデットムートンコート(¥180,000)
アンゴラウールノーカラーラップコート(¥68,000)
・スエードノーカラーコート(¥64,000)
※すべてウィムガゼット