2015年ジュエリー特集 ミモレ世代に贈るとっておきのジュエリートピックス、「人生にジュエリーがあれば」

2015.12.1

スタイリスト長澤実香が語る シャネル「ココ クラッシュ」
手元にボリュームリングがセクシーな理由

長澤実香 1974年、札幌生まれ。2000年よりスタイリストとして活動。数多くの広告、女性誌で活躍中。メンズ、レディース両方のスタイリングを手がけ、タレントや女優からの支持も厚い。
オフィシャルサイト

雨が降る代官山のカフェに笑顔で現れたスタイリストの長澤実香さん。小柄な体にレザーのコートジャケットとヴィンテージのデニムを着て、赤いリップが
印象的! フランスの女優さんような雰囲気を醸し出していて、ひと際目を引いていました。

長澤さんの手元はいつも大ぶりのリングやバングルが飾られています。決して大きな手ではないけれど、削ぎ落とされたようなシンプルなコーディネートのなかに、ヴィンテージのリングやバングルを重ね付けしているのが、何とも言えずセクシーです。ミモレ初のジュエリー特集の記念すべき第一回目は、大人の女性がボリュームリングをするとセクシーな理由について、長澤さんと考えてみました。

「ボリュームリング」と「赤リップ」は似ている!?

元々ヴィンテージのジュエリー、中でもボリュームのあるリングが大好きだった長澤さん。「シンプルなニットにデニムのようなファッションに、鮮やかな赤いリップをつけるだけで十分にセクシーだったりしますよね。それとボリュームリングはちょっと似ている気がするんです。それを着けるだけで、スタイリングが決まるし、シンプルなスタイルにこそ映えて、粋で媚びない色っぽさを演出できます。元々マニッシュな雰囲気のある人なら女性らしく、可愛らしい雰囲気のある人は、大人っぽくエレガントに見えるんですよ。また、男物の時計を女性がすると、匂い立つような色気が出たりしますよね。それと同じで、ボリュームリングをすると指が華奢に見えて女らしく見えるという効果も。ペンやナイフ&フォークを持つちょっとした仕草もセクシーに見えるはずです。あ、そのときにネイルは短くても、ヌードでも綺麗に整えられていることが重要ですね」

「マイ・ヴィンテージ」になるか、がジュエリー選びの基準

まさに粋で媚びない、ユーモアがあってチャーミングな大人の女性そのものといった印象の長澤さんに、ジュエリー選びの基準について聞いてみました!
「私がジュエリーを選ぶときに大事にしているのは、そのジュエリーが“マイ・ヴィンテージ”になるかどうか。おばあちゃんになっても着けているイメージができるかが大事(笑)。皺くちゃの手に使い込んだリングをしているのって、すごく素敵だなと思うんです」