岡野瑞恵 「キレイ手帖」

2015.12.10

『オトナ女子』篠原涼子さんの“脅威のすっぴん”3つの秘密

ドラマ『オトナ女子』もいよいよ終盤戦。回が進むごとに、亜紀の“素”がどんどん見えてきましたね。それに合わせ、涼子さんがすっぴんで登場する頻度も高まってまいりました。そこで、皆さんが気になっているであろう……

残すところ放映はあと2回。亜紀をはじめ、3人のオトナ女子たちは果たしてどうなる? 『オトナ女子』木曜日22:00~(出典:フジテレビ)

亜紀こと涼子さんのスッピンの秘密をお伝えします!

と、言っても、実はほとんど何もしていないので、何も書けない……(笑)。今のテレビは、“すっぴん”と“すっぴん風メイク”の差をシビアに映し出してしまいます。ですから、(もともと涼子さんの肌がキレイだということもありますが) スキンケアのみでファンデーションやコンシーラーをまったく塗らない正真正銘のすっぴんにこだわっています。あの生っぽさは、やっぱり“素”でないとだせないものなのです。


とにもかくにもスキンケア

 

<右から>
STEP1
  透明感がアップする化粧水
資生堂プロフェッショナル Qi ホワイトローション(医薬部外品)

STEP2 美白美容液を投入
資生堂プロフェッショナル Qi ホワイトセラム(医薬部外品)
資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシユー(医薬部外品/右から4番目)
<目元・口元用>
資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ セラムレクチュールリッズ
(医薬部外品/右から3番目)


STEP3  サラリと仕上げたいときは乳液ORツヤ肌に仕上げたいときはクリーム
<乳液>
資生堂プロフェッショナル Qi ホワイトエマルジョン
<クリーム>
資生堂BOP アドバンス スーパー リアストアリング クリーム

どうしても赤みやくまが気になる時は……
赤みやくまの部分にのみうすーく(コンシーラーではなく!)ファンデーションでカバーします。何もついていないスポンジで軽くパッティングをし、素肌にファンデーションを溶け込ませていきます。

すっぴんの時は唇の仕上げ方がポイントに
唇はリップクリーム(資生堂薬品 モアリップ)のみ。照明などが暗い場合は、薄づきのコンシーラー(資生堂インターナショナル SHISEIDO シアーアイゾーンコレクター)で素唇の赤みをおさえ、その上にナチュラルな赤みの口紅を薄く塗布し、軽くティッシュオフ。その上からリップクリームを。するとすっぴんフェイスに赤みが宿り、肌全体のトーンがアップして見えるのでおすすめです。

オトナ世代は、“すっぴん”だけでなく“すっぴん風メイク”の場合に大切なのは、ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイクではなく、ていねいなスキンケアだと思っています。乾燥しやすく、老化のサインや疲れが目立ちやすくなる時期ですが、毎日のスキンケアを怠らなければ、涼子さんのようにいつでもすっぴんで勝負できるポテンシャルを私たちの肌は持っています。その力を最大限に引き出していきたいですね!

PS.
お問い合わせいただきましたアイテムについてお答えいたしますね。使用しているフェイスパウダーはクレ・ド・ポーボーテ フェーストランスパランスs。マスカラはクレ・ド・ポー ボーテ マスカラシルエトフェです。リップに関しては何色かをパレットで混ぜて使用している場合も多いです。