2015.12.11

Simple made better

@”LifeWear” UNIQLO

 
 

 

過日行われた2016春・夏(Spring Summer/ SS)、ユニクロの展示会でのショウの様子です。

仕事関係の方々と初日に伺いました。

 

まず驚いたのは、海外から訪れているゲストのその数の多さ。

スマホ片手に隅々までチェックしている様子を目にし、ユニクロの海外での支持の厚さが改めて伝わってきました。その熱気、本当にすごかった!

 

機能性も、上質さも、時代のムードの取り入れ方も年々進化し続けるユニクロ。

「着る人」に寄り添う服として、様々な生活シーンやスタイルを切り取り、テーマごとに紹介されたコレクションは見応え十分でした。

 

 

今季大ヒットだったUNIQLO AND LEMAIREは、ラインの美しさもさることながら、色づかいが印象的。SSも間違いなく要チェックです!

 

そして、INES(イネス)。素材づかいがとても良かったです。ネイビーのほかに、大地を感じさせるようなベージュカラー、深い存在感を放つオリーブ、そしてフェミニンなローズが加わりさらに雰囲気が洗練されています。

 

カトリーヌ・ロワトフェルドの、マニッシュとフェミニンを両立させるエッジの効いたコレクションも注目です。

 

ブラッシュアップされていたのがKIDS & BABY。

 
 

 

 

そのモダンさは大人顔負け。シャツやトレンチ、ジョガーパンツも並んでいました。

でも気の利いたデザインに終わるのではなく、「着る人に寄り添う」というLifeWearとしての発想は子ども服にもしっかり浸透しています。素材づかいや子どもならではの動きを考慮したデザイン。成長と健康を守るための安心で安全な機能が意識されている、というわけです。

 

街は、いよいよ・・・というか、ようやくコートの季節。

ですが、ファッションの世界はもう2016春・夏です。ノースリーブ&サンダルの季節なのです。やっぱり夏が好きな私としては、見ているだけでワクワクします。

注目度の高いブランドの最新情報、また改めてお伝えできれば、ぜひ!

 

Good day!!