MEMBER 10
富岡 佳子
Instagram
モデルに徹して

人気ファッション誌「STORY」の専属モデルとして活躍し、モデルとしてのキャリアは30年弱。後輩たちも次に続きたいと慕う、まさにトップモデルの富岡佳子さん。毎月、表紙を飾る華やかでエレガントな佇まいに憧れを抱く同世代は多いけれど、ここ最近は30代や20代の若い世代にまでファン層を広げている。

人気の秘密は、スタイリストもうなる、抜群のファッションセンス。その一端を垣間見ることができるインスタグラムが今、多くの女性の間でかなりの話題になっているのだ。

コート/ELIN、シャツ/CELINE、デニム/STUNNING LURE、パンプス/PELLICO、バッグ/FURLA(以上すべて本人私物)

 「今の時代は『ノームコア』(※ノーマルとハードコアを合わせた造語で、究極の普通を意味する言葉)と言われるシンプルスタイルが主流になっているでしょう。世代によって持っているアイテムもそう変わるわけではないから、下手をすると皆が同じような格好をしている……なんていうことになってしまいがち。そういうなかで、いかに自分らしいお洒落を楽しむか。そのカギは、『組み合わせの妙』にかかっていると思っていて。だから私は、レイヤードスタイルやちょっとした小物使いなどで、自分の味をひと匙プラスするようにしているんです。インスタグラムではそんな日々の着こなしをアップしていますが、それを見た仕事仲間からは、『この服にこの靴を合わせるんだ』と驚かれることも」

○○過ぎない「バランスのよさ」が
今のリアルなスタイル

「海外の方もインスタグラムを見てくれてコメントをくれるんです。たくさんの方が見てくれてうれしいなと思っています」

シンプルでありながら、普通ならこういう組み合わせをしないだろうという意外性のあるコーディネートが新鮮だという声が、周りからだけでなくインスタグラムをチェックしている数多くのユーザーからも届く。

「本当は私よりもずっとお洒落なファッショニスタは沢山いると思うんです。でも、私は自分自身のフィルターを通したリアリティのあるスタイルを表現したい。だから、モードすぎずベーシックすぎず、カジュアルすぎずコンサバすぎず、というトータルでのバランスの良さというのを常に考慮しているつもりです。

アイテム自体にしても決して新しいものばかりではなく、もう何年も愛用しているものだって数多く登場させているし。だからといって上質な服や小物ばかりを揃えているわけでもないですし。もちろんハイブランドの良さを知っている世代なので、そこは品よく取り入れながら、ファストファッションもうまくミックスしていくというのが今の私のスタイルなのかなと思いますね」