朝起きるのがちょっと辛い寒い日、朝ごはんは温かいものを食べたくなりますよね。冬になると私はよくスープを作ります。その時々に冷蔵庫にある材料で作る適当スープですが、これがあると1日を元気に始めることができます。2日分くらいの量がありずっとガスレンジに出しっぱなしなるので、鍋は大事。私はもっぱら、楕円形でグレーのストープ鍋を愛用しています。日本の鍋はキッチンだけで使うものですが、ヨーロッパの鍋は食卓に持ち出すため、デザインも美しいのです。じっくりと火がまわり、野菜を蒸した蒸気が鍋の中に落ちるストーブは、スープも美味しく仕上がります。
あなたも冬の朝のスープ、いかがですか?

ストーブ(staub)はフランスの鋳物ホーロー鍋です。私が使っているのは、23cmの楕円形。小さく見えるけれど、4人分のカレーやスープにちょうど良い大きさです。蓋の持ち手も熱くなるので、小さなキッチンクロスを巻きつけて輪ゴムで止めて、カバーにしています。※商品の取り扱いは終了している場合があります。