こんにちは

クリスマスイヴです

 


こどものころ サンタクロースって信じてました?

信じていたとしても、 いつごろから本当はいないと感じていました?

とはいえ、松任谷由実先生から、恋人がサンタクロースという新たな発想も教わりましたよね・・・ミモレ世代ならわかるはず笑

私は割合早い段階で、サンタクロースを信じていない子供でした。
姉2人兄2人いるもので、しかも一番上とは17歳ちがいます。

親の洋服ダンスの奥にプレゼントがしまってあるよ、と兄に言われ、確かめたらありました… その秘密を知ったことで へ~やっぱりそうなんだ、とおもいました。

サンタがいないことはショックではなく、ちゃんとお願いしたものがないことのほうがショックでした。ヒジョーに現実的…

親もある時期から「嘘はつきたくない」と言い、ツリーの周りにきれいに包装したプレゼントを並べていました。


そして親から「サンタクロースっていうのはね・・・」という、種明かしされた日がありました。
 

母「いわゆるサンタクロースっていうのは本当はいないの。たぶんいるなら神様なの」
私「うん…」
母「でも 誰しもがサンタクロースになれるの」
私「???」

小さい私は きつねにつままれたような感覚で 意味がよくわかりませんでした。

でも今ならわかります。

 

誰しもがサンタクロース 本当はサンタクロース

誰でも 誰かの心を灯せる存在になれるのです
自分の心もね

 

あたたかなクリスマスとなりますよう
まだ間に合います



MERRY CHRISTMAS

HAPPY HOLIDAYS
 


百瀬今日子でした

追伸:あなたはご家族からサンタクロースの正体を明かされた日、あります?あったらぜひそのストーリー教えてください♪ お待ちしています~