私は映画館で映画を観るのが好き。
今年に入って既にもう2本、
月末にも観に行く作品があるので
1月で3本観たことに(笑)

本でも映画でも、
料理をするシーンが出てくるものに
特に惹かれます。
人がキッチンに立つ姿や
おいしそうにテーブルを囲む姿が
好きなのです。

その中でも何度も、
繰り返し観てしまう邦画が
little forest  リトル フォレスト

 

生きる=食べる=作る
食べるために作る
生きるために食べる

本当にそうだなぁと。
この映画に出てくる人達には、
『仕事』という言葉より
『働く』という言葉がぴったり。

岩手県奥州市で
1年かけて映画をとり、
木の枝から雪が落ちるのを
黙って待つといった
移り行く季節を何時間も何日も
自然と向き合った姿が
スクリーンを通して伝わってきます。
(↑実は、夫の実家近くでもあります!)

そして作るシーンや食べるシーンが
もうとにかく格別。
おいしい瞬間を
とても丁寧に捉えています。
フードディレクションは、
野村友里さん率いる《eatrip》が
原作に登場するレシピを忠実に再現。
ウスターソースとぬてらのシーン、
クスクス笑えます。

 

美しい景色とともに響く
シンガーソングライターYUIが
FLOWERFLOWERのバンドとして
書き下ろした4曲もさらに深みや厚みを
加えています。

セリフも少なく、
ストーリーもゆっくりすすむこの映画。
それなのに観終わったら、
自分の手で何かを作り出してみたいと
刺激される映画になること
間違いなしなのです。

季節が巡って
『夏』になったら、また『夏』を。
『冬』になったら『冬』を観て欲しい。
それが監督の願いだそう。

運良く、初日舞台挨拶付きの上映に。子供たちと一緒にこの映画を共有できたことが良かった。舞台挨拶では、母親役の桐島かれんさんが本当に素敵でした。とても好きな方なので立ち居振舞いに釘付けになってしまいました!

私もまたその一人。
今夜はブランケットにくるまって
冬/春編をみたいと思います。
そしてキッチンに立とう。

インスタグラム SOUPRUI