みなさま、こんにちは。
21年前の震災のお話をさせてくだいね。
昨日は私が住む街、芦屋市にとって忘れられない日でした。

寝室の一輪挿しに。 芦屋にある 大好きなお花屋さん(ジャックデコ)でラナンキュラスを買いました。

ホワイトハウスの芦屋店は当時、路に面した小さなお店でした。
運良く、倒壊こそしなかったのですが、内部はほとんど破損。
休業はもちろんのこと、再開のメドもつかず途方に暮れた21年前。
震災直後は命があってありがたい...
身なりなんてどうでもいいという日々でした。
日が経つにつれ、髪ものび、身なりにも少し気が回るようになった頃
バッタリ会ったお客様から「こんな時こそ髪をキレイにしないと気分がスッキリしないね、お店を再開するのを待ってるね!」何気ないお声だったと思いますが、再開を決意した一言でした。
ガスはまだ使えなかったので、店の横の路地でカセットコンロでお湯を沸かし店内に運びシャンプーをさせていただきました。
そんな私たちの姿をみて、お湯を沸かすのを手伝いたい!と、ボランティア学生の方が日々増えました。そして、久しぶりに会うお客様方とお互いの無事を確認しあい、お店の玄関で泣きながら抱き合ったことを鮮明に覚えています。
もしあの時の、あの方の一言がなければ芦屋店の存続を諦めていたかもしれません。
おかげさまで芦屋、心斎橋、神戸、大阪、広尾、と5店舗になりました。
地域のお客様に支えられていることへの感謝、大切な気持ちを思い出させてくれる...そんな日です。

寺谷真由美でした。
intagramも覗いてみてくださいね。