mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2016.2.6

「IZAKAYAでギャップを味わう。」

お仕事帰りに同僚と。大切な家族や友人と。
心からおつかれさまと伝えたい日のレストランを厳選してご紹介します。

 IZAKAYAでギャップを味わう。
日本酒も焼酎もやっこもポテサラもある。でも、居酒屋だと思って行くと、ひと味違う料理やインテリアに心摑まれること間違いなしの2軒です。

◆正真正銘、NYで賑わう居酒屋の姉妹店! 北出食堂(馬喰横山)
ブルックリンで人気の居酒屋「bozu」の姉妹店と聞けば、さもありなん。製薬会社の倉庫をリノベートしたインテリアは、思わずため息が出るかっこよさ。デザインしたのは、本店での腕を見込まれ、ここを任された北出茂雄さん。そして、そのセンスは料理にも。
坊主豆腐は、単なる豆腐のアボカドのせかと思いきや、2日間水切りして作る無添加充塡豆腐の食感が新鮮。で、自家製の柚子サルサと返し醤油というほかにない調味料がかかる。つなぎなしの短角牛100%ハンバーグには、その返し醤油がベースの発酵ソース!これがまた、旨い。軽く一杯の気楽さはそのままに、独自の手間暇をかけるのがココ流だ。

  • 岩手産短角牛100%ハンバーグ(自家製天然酵母ソース)¥1300。キャロットラペ、チポトレソースをかけたマッシュポテトなど付け合わせも手が込んでいる。
  • タコス チキンのハーブ煮¥380。オレガノ風味のチキンに自家製カッテージチーズ入り。
  • 坊主豆腐¥650
北出食堂(きたでしょくどう) 東京都千代田区岩本町1-13-5 8ビル1F tel. 03-6240-9920 営業時間11:30~14:30LO、17: 00~22:00LO(土・日15:00~17:00のティータイム営業あり)休日:木曜 1階にはカウンターとテーブル席、2階にはロングテーブルがあり、全32席。ドリンク類は、自然派ワインとモヒートが中心で、ワインはグラス¥600(すべて税込)

◆パリに赤ちょうちんがあったら、こんな感じ!? Lanterne(代々木上原)ランタン=ちょうちん。予約で満席が続くビストロ「メゾンサンカントサンク」の丸山智博さんが、「パリで居酒屋をやるなら、と妄想して」作ったのが、この店。ロングテーブルもスツールも、自らデザインした特注。天井からはドライフラワーが下がる。まさに、パリ好きの丸山さんらしいインテリア。が、メニューに目を落とせば、ホッピー、唐揚げ、ハムカツ……と、居酒屋の定番のオンパレードなのだ。ぐっと和んでハムカツをオーダーすれば、これまた予想に反して分厚いハムに薄衣。和食も洋食も経験した料理長が作るのは、ジャンクな居酒屋料理とは一線を画す味と仕立て。裏切られる楽しさ満載の店なのだ。

冷や奴 納豆とザーサイ風味¥600。 鶏挽肉も入ってボリューム感あり。
ハムカツ¥600。 1.5センチほどの厚さのロー スハムに、細かいパン粉をまぶして揚げてあり、何もつけずにいけるおいしさ。
Lanterne(ランタン) 東京都渋谷区西原3-5-3 ルネ代々木上 原B1 tel. 03-6407-1863 営業時間17:00~翌2:00 (食事25:00LO) 休日:日曜 予約可。 ロングテーブルとカウンターで34席。サワ ー、ハイボール、日本酒、ワインなどドリンク類は豊富で、日本酒は半合¥550、焼酎¥500、ワインはグラス¥500~。鶏の唐揚げ¥500など。(すべて税別)
撮影/柳原久子 取材・文/齋藤優子 構成/藤本容子
FRaU 2014年掲載『おつかれレストラン』より ©講談社