mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2016.2.23

「スパイスフードを自然派ワインと。」

お仕事帰りに同僚と。大切な家族や友人と。
心からおつかれさまと伝えたい日のレストランを厳選してご紹介します。

◆スパイスフードを自然派ワインと。 大岩食堂(西荻窪)
西荻のガード下にある食堂には、南インドの定食ミールスを思わせるカレープレートがある。作り手は、八重洲の南インド料理店「エリックサウス」の元店長、大岩俊介さん。パラパラ、フワフワのバスマティライスには、野菜カレーのサンバルなど3種のカレーがのる。口に運べば、サンバルの酸味や辛みも強すぎず、スパイスの効き方が心地いい。実は大岩さん、スリランカで料理を学んだ経験もあり、「南インドにこだわらず、インド周辺の、できるだけ体にいい料理を作っていきたい」。なるほど、店内には自然派ワインのボトルが並び、スパイシーな肴も少々。インドの定食で〆られて、体にもいいなんて、通いたくなる。

  • スパイスが効いた北インドの串焼きチキンティッカ 1本¥400
  • マサラフライドポテト¥450
  • ランチタイム 4種のカレープレート¥1350
    ディナータイム ノンベジミールス(定番チキンカレー)¥1600
大岩食堂 東京都杉並区西荻南3-24-1 西荻マイロード内 tel. 03-6913-6641 営業時間 11:00~14: 30LO、18:00~22:00LO 休日:月曜 カウンター4席、テーブル10席。テイクアウトもあり、ベジカレー弁当¥680 プレートには、ラッサムスープ¥350をつけることも可。自然派ワインは、グラス¥550~。ワインバーのような雰囲気も人気の秘密。
撮影/柳原久子 取材・文/齋藤優子 構成/藤本容子
FRaU 2014年掲載『おつかれレストラン』より ©講談社