限られた数時間で、離れた2か所のどちらかの用事を済ませなければならず。。迷ったのですが大安だったこともあり(←意外と信心深い…というか験担ぎ好き)車のお祓いに行きました。

神田明神は江戸時代は総鎮守として、御府内のすべてを守護されていました。現在も赤坂の日枝神社と並んで江戸の守り神とされていますーーーというわけで、都内各所を往来する私はご挨拶がてら交通安全の祈願に。

いただくグッズの中に入っているステッカーです。祈る心に事故は無し。

お日柄が良いせいかご祈祷には数組が参加されていました。「〇〇(住所)の△△(名前)なる~」と結構詳しく…というより住んでいるところとフルネームをとうとうと読み上げられるので一瞬ひるみます(笑)某官庁の黒塗りの新車もご祈祷されていて、「東京都千代田区大手町~、ナントカ庁~」と読み上げられていました(そうかお役所も神様のところに来るんだ…と思いました)。

拝殿に上がるときにこのたすきをかけます。江戸っ子らしい潔さを感じます。

神殿でのご祈祷の後は、車の全ドア・トランク・ボンネットを開けてお祓いをしていただき終了。完璧。これで事故や違反が回避できるはず!交通安全大事!ありがとう明神様!(この日済ませられなかったもう一つの用事のお話は後日に。。)

お祓いを受けると清々しい気持ちになります。