美しい海外の使用済み切手をコレクションしている。

スタンプ帳に挿んでいるものと、

この写真のように、小分けの引き出しに入れているものがある。

 

 

引き出しのものは、すぐに使うためのもの。花、動物、絵画、乗り物などと絵柄を分類してストックしている。

 

それらを、お手紙に忍ばせたり、ギフトラッピングに使ったりするのが楽しい。

 

フラワーアーティストの友人には、花柄切手をギフトラッピングに使ったり、

飛行機好きの知り合いには、飛行機柄切手で手紙に封をしたり、、と言った具合。

 

 

指先ほどの額縁におさめられた絵画は、使用済みでもなお、しっかりとした存在感を持っている。

 

かつて、想いを運ぶ役割を担った切手達の第二の人生、そこにもう一回花道をつくりたい。

大げさながら、

小さな紙片への私の想いは、ちょっぴり熱いのだ。