今、梅が満開の北野天満宮。

 

私は、拙著「旅鞄いっぱいの京都・奈良」エイ出版社

http://www.amazon.co.jp/dp/4777923339

でも特集を組むくらい、京都の寺社のオリジナル文具・雑貨をいつもチェックしている。

実は、北野天満宮のオリジナル文具は侮れない。

 

たとえば、最近見つけたこの「巫女メモ」(25枚で400円)

 

 

巫女さんの装束の形をしている。

 

 

この手のものは、デザインや色使いがファンシーに子供っぽくなりがちなのだが、北野天満宮のものはセンスがいい。

 

私は、文具を本来の目的以外に使うのが好き。

 

これは、お菓子をのせるお懐紙として

使っている。

結構サマになる。

 

 

寺社文具は、そこに行かないと買えない究極の限定品。

 

入れてくれる袋も最近お洒落になったので、お土産にもおすすめだ。