おしゃれ更年期の処方箋1「まずは服を替えずにヘアスタイルを変えてみる」

2016.3.16
2

大草直子、髪を切る ~カット方法からスタイリングのコツまで~

実は、髪を切るのは4カ月ぶり!? やっと髪を切る時間ができて、どんなヘアスタイルになるのかワクワクしています(笑)。ここ数年は、私の髪のくせやライフスタイル、ファッション、年齢による髪の変化なども熟知してくださっている、ヘアスタイリストの大谷猶子さんにすべておまかせ。私のオーダーは「髪が結べる長さに」ということだけ。年々、くせが強くなっているけれど、それを生かしたスタイルにしてくださるので、以前よりずっと自分の髪が好きになっています。(大草)

肩下までのびていた髪を15㎝カット! くせを生かしたふんわりとしたボブにチェンジ。柔らかな髪の動きが女性らしさを醸し出してくれます。
Side フェイスラインのくせが強い大草編集長は、前髪は長めに設定。分け目の位置を変えてもなじむよう、バックにつなげてレイヤーを。
Back 丸みのあるラインで、軽やかさと女らしさを。後頭部にボリュームを持たせると、顔立ちも全身のバランスもよく見えます。

カットを担当したのは……
大谷猶子さん Naoko Otani

都内理容室、美容院で勤務後にNYのヘアサロンに3年勤務。帰国後に雑誌、広告、現在は無印良品のスキンケア、ヘアケアのアドバイザーや商品開発、ワークショップなども手掛けながら完全予約制のヘアサロン Hair Orutane 経営。管理理容師免許、欧米コスメトロジーライセンス、アーユルヴェーダディプロマ取得、日本毛髪科学協会会員。


新・大草ヘアから考える、
ミモレ世代のヘアスタイルとは?

 


好きな髪型より、今の自分に合う髪型を(大谷)

髪にツヤがなくなったり、くせが強くなったり、白髪が増えたり……ある程度の年齢になると、髪だけでなく、体も顔も変化していきます。好きなものと似合うものが変わってくる、それがミモレ世代。憧れのヘアスタイルを追い求めるのではなく、自分の体や顔に髪型を合わせていく。くせ毛やボリュームダウンした今の髪を受け入れてみる。こんな風に少し意識を変えるだけで、自分らしい美しさを手に入れることができると思うのです。

 


大人のヘアスタイルはボリュームの位置が重要(大谷)

年齢とともに体も顔も下がってくるから、髪でバランスをとりましょう。トップにボリュームを出し、毛先はややすぼまったひし形のシルエットに。髪のボリュームを上のほうに上げることで、顔がすっきり、全身のバランスもよくなります。このひし形のシルエットは、顔の形や髪の長さを選ばず、誰でもきれいに見せてくれますよ。

 

清潔感を生む、髪のツヤはマスト!(大谷)

くせが強くなったり、カラーリングを繰り返す大人の髪は、ツヤ感を失いがち。でも、毎日のヘアケアやスタイリングで、ツヤを取り戻すことができます。シャンプーやコンディショナーは頭皮ケアもしてくれるエイジング系のものにチェンジ。そして、髪を乾かす前に軽やかなオイルをプラスして、いちばんツヤがほしい髪の根元にドライヤーの熱をしっかり当てます。こうすると、開いていたキューティクルがキュッと閉まり、髪の輝きもツヤ感もアップ。大人の髪に必要な、清潔感を醸し出してくれますよ。 

 Naoko's Style オーダーシート

◆髪の長さは肩にかからない程度に設定
◆くせに逆らわず、レイヤーを入れる
◆顔まわりは長めに
◆直毛の人はヘアアイロンで巻いて


まず、肩に当たらないくらいの長さにカット。くせや髪の流れに逆らわず、レイヤーを入れていきます。このとき、トップにボリュームが出るよう、ランダムにレイヤーを入れ、ひし形のフォルムに。くせが出やすい顔まわりは長めにしておくと、分け目が自在に変えられます。直毛の人は髪の中間からヘアアイロンで巻いてくせづけを。