おしゃれ更年期の処方箋2「似合うパンツがあれば 人生、楽になる」

2016.4.1

ユナイテッドアローズに潜入
大人に似合うガウチョパンツの見極め方

反響をいただいているパンツ特集。「ワイドパンツ」「ボトルパンツ」と試着したときのチェックポイントをご紹介してきました。最後は今シーズンも人気の「ガウチョパンツ」編をお届け!

向かったのはユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館。店長の石塚愛子さんは、ご本人もすっごくおしゃれですが、その丁寧で的確なアドバイスにファンもいらっしゃるぐらい。リアルなミモレ世代なので私たちの悩みも共感してくれる存在です。さっそく、石塚さんに聞いてみました。

足元を選ばないベージュのタックパンツ
秋冬に比べると、春夏のガウチョパンツは足元のバランスにさほど悩まなくていいので楽ですよね。それでも、悩まず履き回しできる一本を!という方にオススメなのが、私が今履いている「淡ベージュのガウチョパンツ」。主張しすぎないので足元は白・黒・キャメルなど幅広く合わせられます。パンプスでもスニーカーでOK。こういう「少しハリのある素材」で「浅めのタック」が入ったものは体のラインを拾わないので、下半身がすっきりと見えます(石塚さん談・以下同)。

きれいめに着るなら

淡いベージュはどんなトップスとも合わせやすいのでまさに万能! 通勤やちょっとしたお出かけシーンに着るなら、上品なブラウスを合わせて。 足元はメタリックなポインテッドパンプスでぴりっと引き締めます。

パンツ¥16000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館) その他/本人私物 「このプリントブラウスは実は以前のもの(笑)。だけど、こんなふうに今年らしいガウチョパンツがあれば、一気に鮮度が上がって見えます。足元を選ばないパンツですが、違う雰囲気を楽しむならキャメルの小物も素敵だと思います」。 ※パンツのサイズ展開は34〜40まで、色は着用したベージュのほかカーキ、ネイビーも展開。

サイズ展開のあるガウチョパンツはご自身に似合っているかどうか、体型をカバーできているかのジャッジが必要です。ポイントをご紹介します。

ガウチョパンツの試着はこの3つをチェック

POINT1 ウエストに手を入れてみよう
腰まわりのお肉をすっぽりと包んでくれる「ジャストウエスト」のものがミモレ世代にはおすすめです。そのときに、ウエストに手を入れてスムーズに動くくらいがベスト。女性の場合、食べた後にポッコリとお腹がでる方も多いので少しゆとりを感じぐらいがちょうどいい。
POINT2 タックのボリュームをチェック!
試着のときは、必ずトップスをウエストインしてから。こんなふうにタックのヒダがまっすぐ伸びている状態だとベスト。広がりすぎていたらワンサイズ大きいものを試してみてください。
POINT3 サイドを見よう
こういう「ジャストウエスト」のものは、ヒップからウエストまでをきれいに包んでくれるので体がきれいに見えます。横を向いたとき、お尻が張り出して見えるようならサイズを上げましょう!

 

同じガウチョパンツを
着回し


足元をスニーカーにして、カジュアルに着ることもできます。今年は可愛いブラウスがたくさん出ています。オフショルダーにもできる白のブラウスを合わせシンプルにまとめて。

ガウチョパンツ¥16000【着回し】、ブラウス¥18000、バッグ¥12000スカーフ¥11000/すべてユナイテッドアローズ、スニーカー¥12800/Keds(すべてユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館) その他/本人私物 「ブラウスはギャザーの入っている襟元をぐっと肩まで下げれば、オフショルダーとしても着られる一着。きれいめのガウチョパンツなので、私が履いたレザーのスニーカーのように大人顔のものが合います」。