2015 Feb. 13

男受けと女受け、
ミモレ世代にはどっちが必要?

みなさま、こんにちは。
大草直子です。

オールインワンを着てみました。
朝から撮影もあり、移動も多く、打ち合わせ、そしてレセプション、
なんていう日は、ワンピースではなく、オールインワンで動くことが多いです。
パンツの機能と、ワンピースの非日常感を半分くらいずつ持っているから、
というのが理由です。

今日はこのオールインワンを例に、男受けと女受けを考えてみたいと思います。

私にとって、20代は、撒き餌の時期だったように思います。
「モテ」も、正直意識しました。自分らしさが何かわからず、
男受け、という「他者の目」がファッションの基準になっていたので、
着こなしがブレる、とういことも多かったような。

そして、30代になると、自分らしさ探しに突入します。
みんなに似合うものが自分に似合うとは限らないし、
もちろんその逆も。
そして、わかりやすい甘さよりも、どこか迫力があるシンプルなスタイルのほうが、
着ている私が心地よくいられることに気付いたのです。
完全に結果として女受けをする服を手にすることが多くなっていました。

そして40代。
正直、なりたての頃は迷いました。戸惑いました。
キャリアが変わり、行く場所や会う人が変わり、
男受け、女受け、実はどちらもとても重要だということは理解したけれど、
それを満たすスタイルがすぐには見つからなかったのです。

ということで、多用するようになったのがオールインワン。
自分が自分らしくいられて、かつ、きちんと感や柔らかさや優しさももちあわせたスタイリング。

そう、女受けとはすなわち自分のオリジナリティや個性であり、
男受けとはすなわち社会性や相手への思いやりだったりする。
40代は、20代、30代の学びの時を経て、2つの目をうまく組み合わせることが大切なのかもしれません。

大草 直子

  • トップグレーと言われる淡いグレーに合わせたのは、イエローゴールドのジュエリー。ターコイズやシルバーなどを合わせたら、もっとラフに着こなせます。もう少し日焼けしたら、カジュアルに着たいと思います。
  • 都内で一番好きなホテル、パレスホテルに入っているベーカリー。もちろんこの日も、次の日の朝食のパンを購入しました。バレンタインデーのチョコレートを買っている人も多く見かけました。
Today's pickup

今日、数人のグループでレセプションにお伺いしましたが、私の他にもオールインワンを着ている方が。シルエットの美しさや、サイドから見た時の立体感。私が持っているオールインワンのほとんどは、エンフォルドです。今日着用のものは今シーズンのもの。

CREDIT :

オールインワン/エンフォルド ネックレス/ミズキ ピアス/タサキ バッグ/フェンディ 靴/マノロ ブラニク