2015.2.16

土曜日の過ごし方@湘南T-SITE

 

こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、陽射しにはどこか春の訪れが感じられるように。もうあと2ヶ月も待てば桜の季節ですね。楽しみ!

 

なんとなく慌ただしい平日を過ごした後の土曜日は、できるだけ行動範囲を狭めてのんびり過ごしたくなるのは私だけではないはず。

 

昨日もそんな1日でした。

 

そういう日に、特に一番下の息子と二人だけの土曜日は、湘南蔦屋−−−湘南T-SITEにぶらりと出かけます。

 

昨年の12月にオープンして以来、じっくりと地元に溶け込んできているT-SITE。

平日は書斎のように活用していますが、集まる人もお休みモードな休日はマイルドでいい感じです。

 

特に土曜日は10時から15時まで、地元の生産者がお野菜やお花を直接販売する楽しいマーケットが開かれ、賑わっています。

翌週のお花もここで調達するようになりました。特別な花束もステキですが、日常を彩る花はどこかうれしい存在。家族が集まる場所にはなるべく欠かさないようにしたいので、気軽に選べるこの雰囲気が大好きです。

 

 

 

「この間のどうだった?今日の収穫が最後かも〜」など、お店の人に声をかけられたり。調理法や美味しい食べ方を教えてもらったり、試食させてもらったり。
 
 

そんなやりとりをしながら選んだ野菜は、やっぱり特別。美味しいのはもちろん、背景までわかっていただくのは、それだけでありがたみが増します。

味覚は正直で、子どもは本当によく覚えています。

珍しいお芋をいっぱい試食させてくれるお店のお姉さんがお目当て。「おいもやさんは〜?」とせっせと歩いていき、お姉さんの元から離れません。

 

そして、2歳9ヶ月の息子の、もう一つのお気に入りが、ここ。

 

ようやくDVDがレンタルできるように!

近所のレンタルショップが閉店してしまってから、すっかり疎遠になっていたDVD鑑賞。再び〜!

今時はネットでレンタルされるのでしょうか。ネットはむしろハードルが高い気がして。見たいものが決まっていれば便利で良いのでしょうが、ふらっと立ち寄って何気なく選びたい私は、やはり手に取りながら探したいのです。

カウンターもレセプションのようになっているので、自然と店員さんとの会話が多くなります。それも息子の楽しみにもなっているよう。

というわけ、レンタルコーナーも必ず寄って、1週間のお楽しみを選んで帰ります。

 

実際に生活していて思うことは、特に私の住む鵠沼海岸周辺は、海こそ近いのですが、気の利いたカフェやレストラン、自然派の食品屋さんやお花屋さん、ひとりでゆっくりと過ごしたくなるような文化施設が実はあまりありません。「湘南=人と人が交わるロハスな生活」と素敵なイメージを重ねられることが多いのですが、必ずしもそうでもないような・・・。

 

だから湘南T-SITEの存在はありがたい、つくづく。商品を買うだけのお店でなく、生活の中に寄り添う場所になりつつある。それはある種"習慣"のようなもので、気づくと"愛着"になっていくのでしょう。そういう空気感が自然と醸成されている気がします。

 

というのも、訪れているのが大人や子どもだけではないのです。熟年の方がスタバで本を読んでいる姿もよく見かけますし、我が家の中学生のお兄ちゃんとお姉ちゃん(・・・そう。大きな子どももいます!)も、友人、あるいは一人で通っています。ラウンジで勉強しているのですが、そういう中・高生っぽい子たちも思い思いに自由に利用している様子は、いかにも風通しの良い湘南らしさが漂っているように感じます。

 

そして、もう1つ、うれしいお店がここ。

日常の中に、気の利いたコスメが手に入る場所がようやくできました。お馴染みのコスメブランドはもちろん、自然派ブランドも充実しているのがうれしい。ミストやディフューザーなどの香りものも揃っています。ついつい後回しにしがちですが、お花同様、丁寧なスキンケアやお気に入りの香りで生活そのものも潤いますよね。あ・・・、丁寧なスキンケアは今年の課題です。

 

さて、すっかり長くなりましたが、今日は日曜日。快晴です!お家を片付けて、明日からの一週間に備えます。

 

Good day!!