昨年の「天皇の料理番」を見ては「フレンチ食べた〜い!」という気持ちになったのは私だけでしょうか?無駄のない手さばき、美しく盛られたお料理たちに、誰もが心踊ったことでしょう。

池尻の裏道にひっそり佇むフレンチレストラン「リアン」。最近料理家の友人に勧められたのがきっかけに、大ファンになってしまいました。店主の上原さんは西荻窪の「サン・ル・スー」でフランス料理の基礎を学び、その後渡仏し、パリの名店「エレーヌ・ダローズ」の経験を持つ、今をときめく新鋭フレンチシェフ。

口に入れた途端、感動に包まれる確かな味はもちろんのこと、美しい盛りつけ、クリーンで落ち着く店内、そしてコストパフォーマンスには、なかなか予約が取れない理由もよく理解できます。

 
 
 
ついつい食べるのが先立ってしまい、写真が冬のお料理になってしまいましたが(苦笑)、季節の美味しいもがたくさん!美しい盛り付けにも感動〜!

おまけに上原シェフを筆頭に厨房に入るスタッフたちが皆イケメンときた(笑)!若いシェフが無駄なく、自分の仕事に没頭する姿って本当に凛々しい。そんな彼らの情熱やエネルギーにも魅せられてしまうお店でもあります。

見事なまでのチームワークで美味しいお料理を作ってくださるスタッフ。今宵もごちそうさまでした!
Lien(リアン) 東京都世田谷区池尻3-5-22-1F TEL:03-6413-8552  ランチ (金・土・日・祝)12:00~15:00 LO 14:00
ディナー 18:00~23:00 LO 22:00

特別な日などには最適な場所。極上のフレンチを味わいた時はオススメです!

フレンチを食べに行く時など少しはTPOを考えたいもの。いつもと違った着こなしを楽しめるのも、醍醐味の一つです。フォーマルまではいかなくても、きちんとして見せたいときにヘビロテしているデニムのスリーピース。

この3ピースは惚れまくって買ってしまった MADISONBLUEとla kaguのコラボアイテム。デニム生地というのも憎い!