モダンリビングパブリッシャー下田結花「インテリアの小さなアイデア」

2016.4.13
249

ヘレンドと木の皿、新しいカップ&ソーサー

 

お揃いの器は一部が欠けてしまうと、出番がなくなり、かといって捨てることもできず、オクラ入りになってしまいますよね。何年も前のことですが、気に入っていたヘレンドのカップ&ソーサーのソーサーだけ割ってしまいました。それ以来、残ったカップの出番がなかったのですが、最近買った木の漆塗りのお皿にのせてみると、思いがけずしっくりと合いました。こういう「発見」は本当にうれしいですね。ヘレンドの手描きの絵と、手仕事の塗り。木のお皿とは思えないほど、繊細に薄く見えるつくりもヘレンドの華奢さと合っているようです。ガラスのポットで淹れたハーブティーを、薄手のカップで飲む。そんな時間にふさわしい新しいセットのカップ&ソーサーになりました。