mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2016.5.7

ワインも料理もグイグイ進む、おいしいパンが待つ店へ。

お仕事帰りに同僚と。休日に大切な家族や友人と。
誰かに心からおつかれさまと伝えたい日のレストランを、厳選してご紹介します。

フランスのハード系が好きなだけ楽しめるパン屋のレストラン。ほんとにおいしいパンは、それだけで立派な夜ごはんになる。そう実感させてくれる店を紹介します。


ワインが進んで困っちゃう!?肉やチーズがパンと好きなだけ!
ラ・カンティーヌ・サントル(有楽町)

パンとシャリュキュトリのセット¥4000。白レバーのムース、リエット、パテ・カン、サラミ、ソーセージ等6種の惣菜も好きなだけ。

ドンと2キロサイズで焼いたルヴァン酵母のパン・ド・カンパーニュをはじめ、6種のパンが山盛り並んだワゴンがガラガラと。シャリュキュトリ(肉の惣菜)やチーズとともに好きなだけ。そんなメニューが用意されているのが、パンの名店『VIRON』グループが構えたこの店だ。17時までは食パンを主役にした『セントル ザ・ベーカリー』。18時から店名も変わり、ググッとフランス寄りの顔になる。パンは、目と鼻の先にある『VIRON』の厨房から。シャリュキュトリのリエットもパテ・ド・カンパーニュも、肉の旨みがダイレクトに伝わる自家製。ローストやステーキといった肉料理も、ハンパないポーションで、軽く一杯のつもりが、気がつけばお腹いっぱい!

やんばる豚ロースのロースト¥3000。メイン料理もこのとおり!3センチはあろうかという厚さにカットして、骨つきのまま焼いているから、肉汁がはじけんばかり。
お昼の営業時間に楽しめるミオジャムも可愛らしくディスプレイされている。
ルイス・ポールセンのライトなど、北欧インテリアで統一された店内は、オープンキッチンスタイル。 

【ラ・カンティーヌ・サントル】
東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル1F tel.03-3567-3106 営業時間 18:00~22:00LO(日曜・祝日は19:00LO) 
休日:月曜(月曜が祝日の場合は火曜) カウンター4席、テーブル52席 パンとフロマージュのセット¥4000、リヨン風サラダ¥1600、¥2940~、デザート¥600~、グラスワイン(赤・白)¥700~、10時~17時はサンドイッチカフェ「セントル ザ・ベーカリー」に。(すべて税別)

このページは、女性誌「FRaU」(2013年)に掲載された
「おつかれレストラン」を加筆、修正したものです。
撮影/柳原久子 取材・文/齋藤優子 構成/藤本容子