2016.4.27

熊本地震チャリティイベントに参加して

熊本を中心に九州を襲った地震の被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申し上げます。
余震や豪雨が相次ぐなか、10日間以上たったいまでも9万人以上の方々が避難生活を強いられていることを想うと心が痛みます。
この数日、地理的に遠く離れているものの、微力ながら何かできることはないだろうかと思い、Yahooを通じての支援に参加させていただいています。(ミモレブロガーの石川雅子さんがご紹介されていらしたものと同じものです)。

 
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/


ただ個人でできることは限られている現状にやるせない気持ちがいっぱいです。そんな悶々とした日々のなか、偶然にもこのタイミングでニューヨークにきていた、料理家(楽膳家) の塩山 舞さんが、熊本地震へのドネーションを募るという目的に、九州郷土料理の会を開催されることを聞き、参加させていただきました。
熊本は彼女のお父様の故郷でもあり、ご先祖のお墓もある場所なので、料理家の彼女は、料理を作ることを通して貢献をしたかったとのこと。日本でも数々の素晴らしい活動をしている彼女ですが、自らの技術をもって、人と人とを繋げ、チャリティイベントを即効で開催するなんて、そのパワフルさに、ただただ頭がさがります。

塩山 舞さん(http://wagamaman.com/about.html
100名以上の賛同者が集まりました
九州郷土料理の数々


当日は、ニューヨーク在住の日本人を中心に、舞さんの主旨に賛同した100名以上が集まり、辛子蓮根、博多水炊き、とり天、一文字のぐるぐる、高菜めし、鉄板餃子、薩摩揚げなど、熊本、博多を中心とした九州ゆかりのメニューを楽しみました。

舞さんとは共通の友人が多く、私にとっては長い間ずっとずっと会いたいと思っていた人。今回のチャリティイベント開催に際しての、彼女の行動力、人を想う気持ちを目の当たりにし、強く感銘を受けたと同時に、私も私なりの「支援」を模索して、それを続けていこうと心に誓ったチャリティイベントでした。

被災地のみなさまが一日も早く日常を取り戻せますよう、心からお祈り申し上げます。