2016.5.6

アメリカ発?日本発!?ラーメンバーガー

この時期、ニューヨーカーが楽しみにしているイベントのひとつに、ブルックリン名物のスモーガスバーグ(Smorgasberg)があります。これはアウトドアスタイルのフードマーケットで、夏季期間のみ毎週土曜日と日曜日に行われているもの。2011年にスタートして以来、毎年約100店舗ものショップが軒を連ね、ここから食のトレンドが生み出されているようです。

ラーメンバーガー。初めての味!

そのなかでも、近年のヒットだったというものが、このラーメンバーガー。
ハンバーガーのバンズの代わりに、ラーメンの麺をバンズに見立てて焼き、牛肉100%のハンバーグを挟み込んだもの。アメリカ人のソウルフードであるハンバーガーと、ニューヨークで一大ブームのラーメンを組み合わせたメニューで、発案者はアメリカ生まれの日本人だとか。(そういえば、日本にもライスバーガーなんてものもありますよね。同じ発想ですね!)
日本とアメリカの人気アイテムの融合は、その誕生から数年たった今でも大人気のようで、この日もショップの前は長蛇の列をなしていました。
バンズはカリカリで、想像していたより美味しかったです♡

訪れた日は小雨が散らつく生憎のお天気だったのですが、それでもかなりの人出でした。食べきれるのか!?と疑いたくなるような量のフライドポテト屋さん、釜を持ち込んだ本格ピザ屋さんなどなど、どのお店も個性溢れるものばかり。

ノリノリで山盛りポテトを揚げていたフレンチフライ屋さん
大きなピザ釜からは香ばしい香りが
ATMまで完備!!抜かりないですね


天気が良い日に再訪したいです!

■Smorgasberg(スモーガスバーグ)の詳細はこちら