発田美穂の「欲しいものだらけで困る!」

2016.5.10

マイベーシックってなんだろう
~ボトムス編~

先々週はマイベーシックのトップスについて書きました。今回はボトムスについて考えてみようと思います。

春夏のワードローブが並ぶクローゼットで、あれこれ考えました。すると私の選ぶボトムスは、大きく分けて以下の2つになるということが判明。

1.自分らしくいられて自信が持てる、超超シンプル&ベーシックなもの
2.スタイルのスパイスとなってくれる、モード心や派手気分を満たしてくれるもの

そして、やはり「マイベーシック」といわれれば、1のカテゴリーでしょうか。というのも、2はあくまでもスパイスであり、自分の中のベースとなるアイテムではないから。しかも着るのはせいぜい週に1~2回であり、気分によってはしばらく手が伸びない時期もあったりするからです。

で、絞りに絞ったマイベーシックボトムスがこれです。

パンツ/エンフォルド スカート/カルヴェン

はい。相変わらずお地味でございます。パンツは2年前に買ったエンフォルドのシガレットパンツ。センタープレスが入った、カリッとしたシルエットのもの。これはもう、本当に心の底から頼れる1本であり、このネイビーがあまりにも気に入ったのでブラックも追加購入したほど。このパンツさえあれば、どんなトップスも合わせられるし、どんなオケージョンにも対応してくれます。母的行事だってもちろん大丈夫。(そんな日は、さすがに少し甘めのトップスを合わせます。母プレイ。)

スカートも2年前のセールで手に入れたカルヴェンのもの。透け感のある薄手の生地がふんわりとした、かなり甘めな印象なのですが、実はこれ、着るとそんなに甘くなりません。甘いっていうよりは、ちょっとパンチが効いていて、どちらかというとモードに転ぶ一着。そのバランスが気に入っています。シャンブレーシャツを合わせたり、リブニットをインしたり、シンプルなTシャツと組み合わせたり、1年を通じて活躍中。

で、なぜこの2着になったのか。特にスカートなどは、自分でも少し意外な感じがするのですが、実は理由はとてもシンプル。どちらも私の体型にぴったり合っており、身体を可能な限りきれいに見せてくれるボトムスなのです。

パンツについては、こういうきれいめにも履ける細めのベーシックな1本を探しに探して、ようやくたどり着いたもの。今の私の体型には、完璧に合っています。スカートはヒップと太もものボリュームが気になり、かつ小柄な私の体型をバランスよく見せてくれるベストなフォルムと丈感。でもただのふんわりスカートではなく、そこにひとサジの辛さとモード感が入っているので、シンプルなトップスと合わせてもつまらないコーディネイトになりません。

とはいっても、これはあくまでも私の場合。アイテムは、人それぞれであるはずです。ただボトムスに関して言えるのは、自分の体型の気になる部分をうまくカバーしてくれて、身体をきれいに見せてくれるものであることが「マイベーシック」の絶対条件だと思います。ボトムスでいくらトレンドを追いかけても、このポイントだけは譲るべきではありません。自分の身体がきれいに見えないトレンドなんていらないわ、くらいの気概が必要。

あ、トップスはこれに限ったことではありません。上半身の身体の見え方は多少融通が利くので、気になるトレンドはトップスで取り入れるのも賢い選択です。もちろんそんな日は、自信が持てるボトムスとコーディネイトするのを忘れずに!!

下半身がすっきりきれいに見えていると、全身バランスも良く見えるから、あ~ら不思議。人の印象って顔や上半身が支配するように思っていましたが、もしかすると“ファッション的印象”はディテールではなく、全身バランスによるところが大きいのかもしれないですねー。常に引きの視点を持っていなくては、ですね。