水井真理子のビューティ・マルシェ

2016.5.16

夏野菜で日焼け対策

 

日に日に陽射しが強く感じるようになると気になるのは日焼け対策。紫外線を多く浴びると体の中に活性酸素が溜まり、それによって皮膚細胞が「酸化」して肌にダメージを与えてしまいます。これからの季節、UVケアで守るケアの心がけはできている人も多いと思いますが内側からの対策はいかがでしょう?

夏に旬を迎える野菜は実るときに紫外線から身を守る力を持ち、紫外線の影響から自然にリカバーできる栄養素を含んでいるので老化防止にも効果的です。

体の中の「酸化」を防ぐためにも旬の野菜や果物を毎日少しずつ食卓に取り入れていて、内側からの酸化を防いでいきたいですね。皆さんもご存知の野菜ばかりですがトマト、キュウリ、ピーマン、ナス、青じそ、すいか、とうもろこしなどは積極的にとりたい食材です!